なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
7月15日(土)横浜FC戦の横浜遠征報告です。

当日の朝、遠征仲間が待っている場所へ行く前に、松屋さんで朝食。
DSC01587.jpg
久しぶりの、ソーセージエッグ牛皿定食。

岐阜県某所で遠征仲間と合流して出発。
DSC01588.jpg
荷物も人員もギッチギチ満載遠征スタート。

岐阜を出て、東名→横浜町田→保土ヶ谷バイパス→横浜新道などを経て、
目的地・ニッパツ三ツ沢球技場のある三ツ沢公園に到着。

13時頃、FC岐阜側入場待機列に到着。

日差しがキツくて暑いため、入場待機列のすぐ横にある木陰で休息。
DSC01599.jpg
開場まではココから動きません。(笑)

休息していると、野鳥が飛んできたので、撮影して暇つぶし。
DSC01597.jpg
ハクセキレイ。

DSC01598.jpg
キジバト。

あと、メジロっぽい鳥も飛んできましたが、撮ることは出来ず…。


もうすぐ開場時刻の16時30分です。
DSC01607.jpg
岐阜メモリアルセンターと違って、三ツ沢は待機列に木陰が豊富にあるため、有り難いです。


スタジアム内に入場。
DSC01611.jpg

陸上トラックが無い球技場は、ピッチが近くて良いですね。
DSC01612.jpg

18時30分、キックオフ。

試合は…

前半、FC岐阜が攻めていきますが、
ゴールを決めきれず、0-0でハーフタイム。

後半、横浜FCに、凄く難しい角度と体勢から打たれたシュートを決められてしまい、
結果は、1-0でFC岐阜が負けてしまいました。


次節からは、FC岐阜のホーム長良川での2連戦。
この有利さを生かして、勝っていきましょう。


帰路は、足柄SAで、鰻重(小)とかけそば(小)のセットを食べました。
DSC01615.jpg

次節も頑張りましょう。

7月9日(日)、ホーム長良川での京都戦は、
3-2でFC岐阜が勝ちました!

久しぶりのJ2リーグ戦での勝利!
この調子で勝ちを積み重ねていきましょう。

今日は熱い夜でした。
7月1日(土)、福岡遠征報告です。

今回は個人的事情により、早めに帰りたいため、
いつもの遠征仲間とは別行動で、日帰り単独ポツネン旅です。
(遠征仲間は宿泊するそうです。)

当日の朝、7時頃に起床。
まずは、松尾車で最寄りの蟹江ICから高速に乗り、西へ向かいます。

道中の大山田PAで朝食。
敵に勝つために、トンテキとカツレツの「テキカツ定食」を食べるつもりでしたが、
この時は胃腸の調子が悪くて、見送り。
食べたのは、普通の朝定食でした。
01大山田PA
これぞ正しい朝食!という感じがして、私は好きです。

朝食後は、新名神高速を通り、草津田上ICで降ります。

こんな所で降りてどうするのか?
目的地はJR南草津駅です。
そうです。今回はJR南草津駅から鉄道移動なのです。

草津田上ICから約10分ほどで、
JR南草津駅西側の時間貸し駐車場が乱立するエリアに到着。
24時間1000円の駐車場に松尾車を駐めて、駅に向かいます。
02南草津駅
高速道路のインターチェンジから近く、
駐車場から駅までも近く、
近年は新快速も停車するようになり、
JR南草津駅はかなり便利な駅です。

この駅で、博多までの往復乗車券と、
新大阪-博多間の往復自由席新幹線特急券を購入。
往復割引が適用され、合計2万8000円也。

姫路行きの列車に乗り、新大阪へ。

新大阪駅で新幹線に乗り換え。
乗り込むのは新大阪駅始発の鹿児島中央行き。
03新大阪駅

乗車口に並んで暫く待つと、乗り込む新幹線がやってきました。
04入線

当駅始発の新幹線ですので、自由席でも余裕で座席に座れます。

乗り込んだ後は、新大阪駅で購入した弁当「旅のにぎわい御膳」を食べます。
05弁当パッケージ

たこめし、たこやき、牛肉、野菜の煮物、串カツなど…
この地域の食べ物のオールスター。
06弁当中身
このように数々の種類の食材が入っている弁当は私好みです。
ンマイ!

博多駅に到着。
08博多駅

ここで、妻から買ってくるよう命じられていた明太子を購入しておきます。
帰り際では、時間に余裕が無いため、今の内に買っておきます。
持ち帰り用に、コールマンの保冷バッグと、
ロゴスの高級保冷剤は持参してきておりますので、
この時間帯から明太子を買って持ち歩いても問題ありません。(笑)


買い物を済ませた後、タクシーで試合会場のレベルファイブスタジアムへ向かいます。
タクシーの運転手さんから、
「どこから来られたのですか?」
と聞かれたので、
「岐阜からです。」
と答えます。

私、仕事の都合で岐阜県から愛知県に転居して3年経ちますが、
今でも、「岐阜から来た」と言う癖は直せません。(笑)
いや、今でも帰属意識は岐阜に有るからですね。

レベルファイブスタジアムに到着です。
09博多の森
暑くてかなわんので、開場時間まではデッキ下で休憩。

デッキ下にはツバメの巣がありました。
10ツバメ
随分とヒナは大きく育っています。
巣立ちが近い感じですね。

15時45分。開場。

岐阜側応援席を撮影。
11入場


スタンド下のお手洗いには、レベルファイブの有名ゲーム・アニメのキャラクターが描かれておりました。
12トイレ
描かれているのが、モレゾウという妖怪で、取り憑かれると、漏れそうになる妖怪のようです。
私、この日はやたらとお手洗いに行く頻度が多かったのですが、この妖怪のせいだったようです。(笑)

スタジアムグルメを購入します。
13メニュー
「肉みそ丼」に惹かれました。
早速、注文します。すると、店員さんが、
「今日の肉みそ丼は、牛丼になってます。」
という、何を言っているか理解し難い返答が返ってきました。
これもアウェイの洗礼。(笑)
どうやら、この日は肉みそ丼が無くて、
代わりに、メニュー表には無い牛丼を500円で売っているとの事。

まあ、それでもいいやと、思い牛丼を注文。
14肉みそ丼
食べてみると、牛肉の他に“かしわ”が入っていました。
この地域の牛丼には“かしわ”が入るのが当たり前な食文化なのかもしれません。
でも、これはこれで、美味しい!大当たり!
“かしわ”入り牛丼、気に入りました!

まだ小腹が空いているので、先程の店で、玉子サンドを購入。
15玉子サンド
手作りの昔ながらの正しい玉子サンド。
懐かしい味がして純粋に美味しい!


もうすぐキックオフ。
16ゴール裏

FC岐阜は、J2リーグ戦ではここ数試合勝ちが無くて、今日こそは勝ちたい所。
対戦相手のアビスパ福岡は現在J2リーグ首位。
強い相手ですが、FC岐阜は相手が強いほど、意外と善戦するイメージがあります。
これは期待できますよ。

18時キックオフ。

試合の方は…
前半は、無難に0-0で折り返します。
しかし、後半、福岡にペナルティキックを決められて、1-0での完封負け。
福岡の堅牢な守備を突破する事はできませんでした。

次のホーム戦でこそは勝ちましょう。


試合後の選手挨拶が終わった後は、スゴイ勢いで荷物をまとめて、タクシー乗り場へ。
20時10分頃、タクシーに乗車。
タクシーで博多駅まで行き、最終新幹線で新大阪まで行く算段です。

タクシーの運転手さんから、
「どこまでお帰りですか?」
と聞かれたので、
「岐阜までです。」
と答えておきました。
実際は愛知県の自宅に帰るのですが、帰属意識は今でも岐阜に…(以下略)

タクシーは渋滞を避けるルートで博多駅まで走ってくれたので、
予想外に早く博多駅に着きました。
17帰路
21時09分発の最終新幹線に乗る予定でしたが、
1本早い20時51分発の新幹線に乗れました。
さらに、弁当まで買う余裕も出来ました。
タクシーの運転手さん、ありがとう。

購入した弁当は、長崎街道大名道中駕籠。
18弁当外観
これも色々入っているタイプの弁当です。
弁当箱は、重箱のような形状で、なんと2段重ね。
おかずの段と、かしわめしの段で構成されていました。
19弁当内側
ンマ~イ!


新幹線は、23時32分に新大阪駅に到着。
ここで、23時37分発の野洲行き快速に乗り換え。

そして、南草津駅には0時38分に到着。

ここから、松尾車を走らせて、
草津田上ICから蟹江ICを経て、自宅到着が2時頃。

全ての行程で、アウェイの妨害工作(笑)も無く、予定通りの時間で帰宅できました。
こういう時間を気にしながら移動をする遠征も、たまには良いものです。
でも、あまりオススメはしません。(笑)
時間に余裕の有る方は、遠征先で泊まって、のびのび楽しんだ方が良いと思います。
6月25日(日)、ホーム長良川での千葉戦。

FC岐阜は、4点取りました。
ただし、千葉は6点取りました。
結果は、4-6でFC岐阜の敗北です。

私個人的には、
ピッチ上の選手達が最後まで諦めずゴールに向かう姿勢から、
「相手よりも多く点を取って勝つんだ!」
というハッキリとした覚悟を感じられました。

こんな姿を見せられちゃあ、応援しないわけにはいかないですよね。

次節アウェイ福岡戦では勝利を掴みましょう。

私も福岡へ日帰りで行きます。
6月21日(水)、天皇杯2回戦が鳴門で開催されました。
FC岐阜はシードのため1回戦は免除で、2回戦からの登場です。

その天皇杯でのFC岐阜を応援するために、鳴門へ行った遠征報告でございます。


当日の早朝、自宅を出発。
遠征仲間との合流前に、朝食。
今回も、定食屋さんで「カツ丼」。
01カツ丼
いつもよりもカツが大きいように思えます。
今日は勝つことができそうな予感がしますね。

岐阜県某所で遠征仲間と合流して松尾車出動。
名神高速や神戸淡路鳴門自動車道など経て、鳴門へ向かいます。

02霧の明石海峡大橋
霧の明石海峡大橋は、異世界へ誘われる感があります。

鳴門ICを降りた後は、昼食タイム。
遠征仲間の勧めで、「支那そば三八 斎田店」へ入ります。
03三八

店内のテーブル席には鉄板が常設されており、
支那そばだけでなく、鉄板焼きメニューも堪能できるようです。

私は、支那そば大盛り600円也を注文。
04支那そば大盛り
濃厚な味ッ!
ンマ~イ!


昼食後は、鳴門・大塚スポーツパークへ移動します。
05鳴門大塚
奥に見えるのが、試合会場のポカリスエットスタジアム。


この公園では、野生生物がお出迎えしてくれます。
と、いうわけで、遠征先で見かけた生き物シリーズ。

ドバト。
06ドバト

チドリ科の鳥。図鑑によると、コバシチドリっぽい。違うかな?
07チドリ科

スズメ。
08スズメ

ムクドリ。
09ムクドリ

ハクセキレイ。
10ハクセキレイ

ヒヨドリ。
11ヒヨドリ

ミシシッピアカミミガメ。
12ミシシッピアカミミガメ

カマキリの子供。
13カマキリ幼虫


そんなわけで、まもなく開場時刻の17時です。
14入口
ここが岐阜側の入口。
リーグ戦のような案内板も無く、入場口かどうかも分かりませんが、
間違いなく、ここが入場口です。
これが天皇杯仕様。(笑)

その頃、FC岐阜の選手を乗せたバスが到着間近という情報を入手。
選手を華やかに出迎えるため、旗を振りながら待ちます。
15バス待ち
17時15分頃、選手バスはここを通り、スタジアム内へ入っていきました。


選手バスを出迎えた後、スタジアム内へ入場。

本日の対戦相手は、J2リーグ所属の徳島ヴォルティスです。
17スコアボード

私が4年ぶりに訪れたポカリスエットスタジアム。
16入場
暫く来ていない間に、メインスタンドには立派な屋根が出来ていました。

そして、バックスタンドも大層立派なものが出来上がっていました。
18バックスタンド
今日は天皇杯という事で、FC岐阜側の観客もバックスタンドに入っても良いとの事。
と、いうわけで、普段は入れないバックスタンドへ入って見物してみます。

スタンド下のコンコースには、モニターが何台か設置されています。
18バックスタンド下
これならコンコースで休憩しながらでも映像演出を楽しむことができますね。
良いサービスです。

バックスタンドから岐阜側応援席を撮影。
19岐阜側応援席

さあ、試合開始の時刻になります。
19時、キックオフ。

試合はFC岐阜が優勢。
まずは岐阜が先制点を奪取。
さらに、追加点を取り、
ダメ押しの3点目を取ります。
これで、0-3でFC岐阜がリード。

安心して気がゆるみそうな展開ですが、油断してはいけません。
3点差は危険なスコアです。
3点もリードしながら終盤に逆転負けを喫した事例があるのです。(笑)

危うい場面もありましたが、
失点する事無く、0-3でFC岐阜の完封勝利ィィィ!
FC岐阜、天皇杯2回戦突破ァ!


勝利の余韻に浸りながら、
高見盛関が花道を歩くような姿勢(笑)でスタジアムを後にします。
20夜
勝利後の夜のスタジアムは良いもんです。

近くのコンビニエンスストアで恒例の祝杯。
21イエイ!
YEAY!


来た道を辿って、岐阜へ帰ります。

22夜の明石海峡大橋
夜の明石海峡大橋は、メインケーブルが銀河鉄道999のように感じます。
なんとなく、上空へ飛び出していきそうな、そんな雰囲気。




天皇杯3回戦は、7月12日(水)、
岐阜県の長良川競技場または長良川球技メドウにおいて、
J1リーグ所属のサンフレッチェ広島と対戦です。
この勢いで、3回戦も突破していきましょう。

その前に、J2リーグ戦があります。
6月25日(日)、ホーム長良川競技場で千葉戦です。
こちらも勝ちを掴み取りましょう。