なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
6月21日(水)、天皇杯2回戦が鳴門で開催されました。
FC岐阜はシードのため1回戦は免除で、2回戦からの登場です。

その天皇杯でのFC岐阜を応援するために、鳴門へ行った遠征報告でございます。


当日の早朝、自宅を出発。
遠征仲間との合流前に、朝食。
今回も、定食屋さんで「カツ丼」。
01カツ丼
いつもよりもカツが大きいように思えます。
今日は勝つことができそうな予感がしますね。

岐阜県某所で遠征仲間と合流して松尾車出動。
名神高速や神戸淡路鳴門自動車道など経て、鳴門へ向かいます。

02霧の明石海峡大橋
霧の明石海峡大橋は、異世界へ誘われる感があります。

鳴門ICを降りた後は、昼食タイム。
遠征仲間の勧めで、「支那そば三八 斎田店」へ入ります。
03三八

店内のテーブル席には鉄板が常設されており、
支那そばだけでなく、鉄板焼きメニューも堪能できるようです。

私は、支那そば大盛り600円也を注文。
04支那そば大盛り
濃厚な味ッ!
ンマ~イ!


昼食後は、鳴門・大塚スポーツパークへ移動します。
05鳴門大塚
奥に見えるのが、試合会場のポカリスエットスタジアム。


この公園では、野生生物がお出迎えしてくれます。
と、いうわけで、遠征先で見かけた生き物シリーズ。

ドバト。
06ドバト

チドリ科の鳥。図鑑によると、コバシチドリっぽい。違うかな?
07チドリ科

スズメ。
08スズメ

ムクドリ。
09ムクドリ

ハクセキレイ。
10ハクセキレイ

ヒヨドリ。
11ヒヨドリ

ミシシッピアカミミガメ。
12ミシシッピアカミミガメ

カマキリの子供。
13カマキリ幼虫


そんなわけで、まもなく開場時刻の17時です。
14入口
ここが岐阜側の入口。
リーグ戦のような案内板も無く、入場口かどうかも分かりませんが、
間違いなく、ここが入場口です。
これが天皇杯仕様。(笑)

その頃、FC岐阜の選手を乗せたバスが到着間近という情報を入手。
選手を華やかに出迎えるため、旗を振りながら待ちます。
15バス待ち
17時15分頃、選手バスはここを通り、スタジアム内へ入っていきました。


選手バスを出迎えた後、スタジアム内へ入場。

本日の対戦相手は、J2リーグ所属の徳島ヴォルティスです。
17スコアボード

私が4年ぶりに訪れたポカリスエットスタジアム。
16入場
暫く来ていない間に、メインスタンドには立派な屋根が出来ていました。

そして、バックスタンドも大層立派なものが出来上がっていました。
18バックスタンド
今日は天皇杯という事で、FC岐阜側の観客もバックスタンドに入っても良いとの事。
と、いうわけで、普段は入れないバックスタンドへ入って見物してみます。

スタンド下のコンコースには、モニターが何台か設置されています。
18バックスタンド下
これならコンコースで休憩しながらでも映像演出を楽しむことができますね。
良いサービスです。

バックスタンドから岐阜側応援席を撮影。
19岐阜側応援席

さあ、試合開始の時刻になります。
19時、キックオフ。

試合はFC岐阜が優勢。
まずは岐阜が先制点を奪取。
さらに、追加点を取り、
ダメ押しの3点目を取ります。
これで、0-3でFC岐阜がリード。

安心して気がゆるみそうな展開ですが、油断してはいけません。
3点差は危険なスコアです。
3点もリードしながら終盤に逆転負けを喫した事例があるのです。(笑)

危うい場面もありましたが、
失点する事無く、0-3でFC岐阜の完封勝利ィィィ!
FC岐阜、天皇杯2回戦突破ァ!


勝利の余韻に浸りながら、
高見盛関が花道を歩くような姿勢(笑)でスタジアムを後にします。
20夜
勝利後の夜のスタジアムは良いもんです。

近くのコンビニエンスストアで恒例の祝杯。
21イエイ!
YEAY!


来た道を辿って、岐阜へ帰ります。

22夜の明石海峡大橋
夜の明石海峡大橋は、メインケーブルが銀河鉄道999のように感じます。
なんとなく、上空へ飛び出していきそうな、そんな雰囲気。




天皇杯3回戦は、7月12日(水)、
岐阜県の長良川競技場または長良川球技メドウにおいて、
J1リーグ所属のサンフレッチェ広島と対戦です。
この勢いで、3回戦も突破していきましょう。

その前に、J2リーグ戦があります。
6月25日(日)、ホーム長良川競技場で千葉戦です。
こちらも勝ちを掴み取りましょう。
6月17日、岡山遠征報告です。

おはようございます。
当日は朝7時に起床。
朝食は、近くの定食店において、勝つために「カツ丼」を食べていきます。
01カツ丼
味噌汁がついて税込み500円はお値打ちです。

朝食後は、岐阜県某所に立ち寄り、遠征仲間と合流して、松尾車の出動。
岡山まで仲間と共にマイカーに乗り合わせて自走していきます。

岐阜を出て約4時間後、試合会場のある岡山県総合グラウンドに到着。
02到着
運良く、第3駐車場に駐めることができました。
駐車場からビジター席の入口はすぐそこ。
近くて便利です。
03待機列

開場時刻まで時間があるため、公園内を徘徊してみます。

スタジアムグルメの屋台村がありました。
04ファジフーズ
500mlペットボトルのお茶を買おうと思いましたが、210円でしたので、買うのをやめました。
長良川競技場のように、ペットボトル飲料くらい150円で売ろうよ。
いや、長良川競技場が良心的なのかもしれませんね。
…などと思いながら、公園内の自動販売機でお茶を160円で買いました。

こちらは「ファジ丸」の家。
05ファジ丸の家
家主のファジ丸は留守ですが、休憩スペースとして解放されていました。
屋根付きの休憩場所が有るのは有り難いサービスです。


まだ時間があるので、そこら辺のオブジェを撮影して暇つぶし。
06オブジェ
総合運動公園にありがちなスポーツ競技者の像。
弓を射るシーンを像にするのは、珍しいかもしれません。


まだまだ時間があるので、そこら辺の野鳥を撮影して暇つぶし。
07セキレイ
ハクセキレイ。

08スズメ
スズメ。


開場時刻が迫ってきたので、入場待機列に戻ります。

17時00分、スタジアム内に入場。
09ピッチ

10応援席

入場後は、横断幕や応援機材設置の手伝いなどをするため、あっという間に時間が過ぎていきます。

11スコアボード
もうすぐ、ピッチ内練習のため、選手が出てくる時間です。

ここの所、FC岐阜は勝てていませんが、
今日こそは勝ちを掴みたいところ。
応援にも力が入るってもんです。

試合結果は…
1-1の引き分け。

残念ながら勝てませんでしたが、
「勝ち点1」だけは上積みすることができました。


帰路は来た道を辿って、さっさと帰ります。

途中、龍野西SAに立ち寄り、うなぎを食べていきます。
12うなぎ
FC岐阜の戦績が、「うなぎのぼり」に良くなっていきますように。


次節は、ホーム長良川での千葉戦です。

その前に、天皇杯2回戦が、6月21日(水)に鳴門市であります。
今季こそは、天皇杯で勝ち進んでいきたいものです。
平日開催ですが、現地へ行ける方は頑張りましょう。
私も行きます。
5月3日、群馬遠征報告です。

前日は20時頃に就寝。
当日は1時頃に起床。

集合場所へ向かう道中、定食屋さんでカツ丼を食べていきます。
カツ丼は王者のメシだ。
01カツ丼
このクオリティで500円という値段ですから、有り難い存在です。

岐阜県某所で遠征仲間と合流して、3時頃出発。

渋滞を避けるため、中央道→長野道→上信越道→関越道を経て前橋ICへ向かいます。
02移動

試合会場のある敷島公園に到着。

今回、案内された駐車場は河川敷の駐車場でした。
04駐車場

駐車場で車を降りると、カラス達が出迎えてくれます。(笑)
05カラス

FC岐阜側の入場ゲートに到着。
05ゲート

大型映像装置付近が工事されています。
05掲示板
画面が見やすいように、設置位置を高くする工事だそうです。
確かに、画面の下の方は客席に遮られて見えない設計でしたからね。

06看板
この改修工事にかかる費用は約7000万円…。


開場まで時間があるため、敷島公園内をブラリング。

ヒヨドリが居ました。
07ヒヨドリ

池にはミシシッピアカミミガメ。
07ミシシッピアカミミガメ

カイツブリを発見。
07カイツブリ

カルガモですね。
07カルガモ

マガモのペア。
07マガモ

まだ時間があるため、上毛新聞敷島球場で野球観戦。
07野球場
観戦無料の少年野球を堪能していきます。


12時頃、正田醤油スタジアム群馬へ戻ります。

スタジアムグルメの屋台が開店していました。

上州もつ煮が美味しそうで惹かれて買っていきます。
08上州もつ煮

毎度お馴染み登利平の上州御用鳥めしも買っていきます。
08登利平

鳥めし(松)と、上州もつ煮をいただきます。
09グルメ

10鳥めし松
ンマイ!
私が今まで食べたスタジアムグルメの中で一番の好物は、この鳥めし(松)でございます。


13時。開場。

スタジアム内に入場すると、このイラストで歓迎されます。
11歓迎
ホッコリ癒されました。有難う御座います。

その次は、全くホッコリしない注意書きが待っています。(笑)
12飛翔体
おそろしいですね。

FC岐阜側応援席からピッチを撮影。
13ピッチ
ゴールライン付近がスポンサー看板で遮られて見えません。
良くあるアウェイの洗礼。(笑)

オールドサッカーファンのアノ御方も到着。
14アノ御方


15時キックオフ。

試合の方は…
0-2でFC岐阜の完封勝利ィィィ!

岐阜のファンタジスタ氏、大喜びの図。
15イエイ!

イエイおじさんと私の二人でイエーイ!
16イエイおじさん
イエイはいいぞ。

スタジアムを出てから、付近のコンビニエンスストアで、
遠征仲間達と共に、いつもの儀式。
17乾杯

帰路は来たときのルートを辿って帰ります。

夕飯は上信越道の横川SAで、だるま丼をいただきます。
18だるま丼
初めて体験する味ですが、ンマイ!

この時の横川SAは、FC岐阜ユニフォームを着た人達が大勢いて、
まるで岐阜に居るかのような雰囲気でした。
「おや、奇遇ですな。(笑)」
「今日は何かイベントでもあったのですか?(笑)」
などといった、スッとぼけた会話をするのも、遠征先での楽しみの一つですね。


最近のFC岐阜は面白いように勝てるようになってきましたが、
もっともっと勝ち続けて上を目指していきましょう。

次節はホーム長良川での大分戦です。
4月1日(土)町田遠征報告です。

遠征前日は、20時頃に就寝。
当日は朝2時に起床。

遠征仲間が集結する場所へ行く道中、街かど屋で朝食。
01街かど屋
勝つためにカツ丼をいただきます。

遠征仲間と共に松尾車に乗り込んで、4時前には岐阜県某所を出発。

岐阜各務原ICから新東名高速道路を経て、横浜町田ICで降ります。
そこからは一般道で町田市の野津田公園を目指します。
東京都町田市ですが、神奈川県側からアプローチするのが便利な立地です。
そのせいか、町田市は東京都を離脱して神奈川県になるとうエイプリルフールネタが出たくらいです。(笑)


朝9時過ぎ、試合会場の町田市立陸上競技場のある野津田公園の西駐車場に到着。
2012年にここを訪れた時は、一般来場者駐車場が無く不便でしたが、
その後、駐車場が整備されたようで、今回は駐める事ができました。有り難いです。

アウェイ側入口は、西駐車場からすぐの所。便利になりました。
02アウェイ入口

スタジアムの案内板を見ると…
03案内
ん~? 対戦カードの何かが変?(笑)

開場まで時間があるので、野津田公園内をブラリング。
雨が降っておりますが気にしません。

湿性植物園の池には、カルガモが数羽いました。
04カルガモ

ここのキジバトは人慣れしているのか、1mまで近づいても逃げません。
05キジバト

シジュウカラが多く生息しておりました。
06シジュウカラ

コゲラも多くいました。
07コゲラ

他にも撮影は出来ませんでしたが、多く種類の野鳥が見られました。さすが山奥。(笑)


散策していたら、身体が冷えてきたので、スタジアムグルメで暖を取ります。
塩豚汁。300円也。暖まります。
08塩豚汁
読み方は、「しおぶたじる」なのか、「しおとんじる」なのか、謎です。
私は前者の読み方で注文しました。

開場時刻に迫っているので、入場待機列に戻ります。

アノ御方が来訪されておりました。(笑)
09アノ御方
愛車GT-Rを走らせて単独遠征との事です。

12時00分。開場。

アウェイ側の座席からピッチを撮影。
10入場
高低差が無くてピッチが観づらいのは仕方がありませんが、
スポンサー看板が邪魔でゴールライン際の攻防が見えないのは残念です。
スポンサーの大切さは痛いほど理解できますが、
看板の設置位置をもう少し下げるなどの配慮が欲しかったですね。
これが“アウェイの洗礼”という理由なら仕方も無し。(笑)

2012年に来たときには改修工事中だったメインスタンドが立派になっていました。
11メインスタンド

FC岐阜側応援席を撮影。
12岐阜側応援席

14時キックオフ。

試合内容は、現地では良く見えなかったので、省略!(笑)
良く見えたとしても、当コーナーで試合内容を省略するのは、いつもの事。(笑)

試合結果は、0-1でFC岐阜の完封勝利ィィィ!
今季初勝利ィィィ!
今季がようやくスタートした感覚です。
あけましておめでとうございます。(笑)

「元祖イエ~イのおじさん」アノ御方も大はしゃぎ。(笑)
13アノ御方
イエ~イ!

スタジアムを後にして、近くのコンビニエンスストアで、祝杯をあげます。
14イエイ!
運転があるので、お酒ではなく、いつものように氷菓で祝杯です。
飲酒運転はダメ。ゼッタイ。


帰路は来た道を辿って岐阜へ戻ります。

帰路途中に立ち寄った足柄SAで、うなぎを食べました。
15吉野家
これからFC岐阜の戦績が「うなぎのぼり」に上がっていくよう祈願するのです。


次節は、ホーム長良川での水戸戦です。

ホームの力で連勝しましょう。
3月25日(土)東京遠征の報告です。

当日の朝5時に起床。
遠征仲間が集結する岐阜県某所へ向かいます。

その前に、恒例の松屋で朝食を食べていきます。
01チキン
チキングリル定食。
鶏肉を食べて、勝利をとりにいく。(笑)

今回の遠征は、松尾車1台で出撃です。
02松尾車
応援機材満載で、貨物室はまるでパズル。

出発後、岐阜各務原ICから高速道路に乗り、新東名、圏央道、中央道を経て、調布ICで降ります。
03調布
調布ICを降りたら、試合会場の味の素スタジアムが見えるので、そこへ向かえば良いだけです。
カーナビゲーションが無くても問題無いくらいの近さです。(笑)
(松尾車は未だにカーナビゲーションが有りません。有るのは全国地図のみ。)

2年前に味の素スタジアムを訪れた時は、車は飛田給駅付近のコインパーキングに駐めましたが、
今回は遠征仲間が事前にスタジアムの駐車券を確保してくれていたので、
快適にスタジアム北側の駐車場に駐めることができました。
04駐車場
スタジアムにもそこそこ近くて便利。
何よりも、空き駐車場を探しからかす必要が無いのが良いですね。

ビジター側の入場待機場所に到着。
05待機列
入場ゲートのすぐ横で待つ事ができるようになったようですね。
2年前に味の素スタジアムを訪れた時は、遠く離れた場所で待たされた記憶があります。(笑)


開場時刻まで時間があるので、スタジアム周辺をブラリング。

岐阜でのサクラの開花はまだですが、
東京ではサクラが咲き始めておりました。
07サクラさいて

スタジアム周辺には、意外と野鳥が多く生息しているようでした。

ムクドリ。
08ムクドリ

ヒヨドリ。
09ヒヨドリ

ヤマバト。(キジバト?)
10ヤマバト

岐阜の街中でも見かける野鳥ばかりでした。(笑)
このあたりは、岐阜も東京も同じですね。


13時30分、開場。
13ピッチ

横断幕などの応援機材を準備して、岐阜側応援席を撮影。
12岐阜側


15時00分、キックオフ。

試合は、1-0でFC岐阜の完封負けでした。

勝てない試合が続きますが、こんな事で落ち込む事はありません。
もうちょっとで、面白いように勝ち出す時期が来ると思います。
リップサービスなんかじゃあ有りませんよ。
引き続き、元気よくFC岐阜の応援をしていきましょう。


帰路は、来た道をそのまま辿って帰りました。
その帰りの圏央道で、交通事故が原因の渋滞に遭いました。
事故車両はクラッシュしておりました。恐ろしい…。
私も交通事故の無いように安全運転で遠征を続けます。
皆様も、無事故で安全運転で遠征を楽しみましょう。

次回は、町田遠征です。