なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
9月19日は、正田醤油スタジアム群馬への遠征です。

出発前に、自動販売機を通してFC岐阜のチーム強化費を払っていきます。
01自動販売機
どうせ飲み物を買うなら、FC岐阜のプラスになる自動販売機で買うに決まっとるて。


準備が出来たら、前橋へ出発。

今日も松尾車のライトサイドバックポジションには、アノ御方が陣取っております。(笑)
02車内のBさん
いつも通り眠り…

道中のサービスエリアでは、いつも通り車に戻るのが遅く…
03捨てられるBさん
姨捨SAに捨てられる寸前のアノ御方。(笑)

一応、コノ御方の名誉のために言っておきますが…

コノ御方は、いざ試合の応援が始まると、
普段のだらしなさは消え失せ、別人のようになります。
どんなに劣勢な状況であっても、
タスキを引きちぎらんばかりの勢いで、飛び跳ね、腕を突き上げ、声を出し続ける…
この姿に、勇気づけられた仲間は多いんですよ。


話を戻します…


岐阜を出て、約5時間後、
敷島公園内のスタジアムアウェイ側入口に到着。
04入場口


開場前、
「勝ち点3を奪取する行き掛けの駄賃だ!」
と、温泉饅頭をもらいに並ぶ岐阜の仲間達。
05行き掛けの駄賃に饅頭強奪

またある者は、
「勝ち点3を“取りに行く”ために“とりにく”を食べなきゃ!」
と、名物『鳥めし』を食べたりしていました。


そんなことをしている間に、17時の開場時刻です。
06入場
今季の岐阜側応援席は、ゴール裏芝生席では無く、
何故か再びバックスタンドに移されたようです。

入場後は、横断幕掲出の手伝いをして、写真撮影。
07ゴール裏

08岐阜応援席

いつでも選手を迎えられるように、旗を振って待機しています。
09待機中

この試合も勝って2連勝、そして1ケタ順位に上がろう!

という、その勢いのまま、
試合前半は、岐阜が有利に進めているように感じられました。
前半終了前に先制点を取ります。

しかし後半、わずかな時間に連続失点。
さらに一人退場で、苦しい展開に。

そのまま点を返すことが出来ず、
1-2で痛い敗戦となりました。



苦しいときこそ、応援が必要なのです。

次節、ホームで迎える大分戦は、岐阜のホーム力で勝たせよう!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する