なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
実はワタクシ…、大の相撲ファンです。

サッカー観戦歴は、たかが5年ですが、
相撲観戦歴は400年です。(ええッ!?)

と、それは大袈裟ですが…
そのように表現されてしまうくらい、私に相撲を語らせたら、うるさいですよ。

この日、7月19日は、私用も公用も無く、一日中空いていたので、
大相撲名古屋場所九日目を観に、愛知県体育館へ行ってきました。

8時15分、開場です。
01開場後

この日は、前相撲が無く、8時40分から序の口の取組が始まりました。
02九日目取組開始

序の口、序二段、三段目の取組は、観ていて楽しいですね。
心技体は未熟ですが、「早く番付上位に上がりたいッ!」
という負けん気の強さは、とても感じられます。
03三段目
呼出や行司も、若いながらも趣があって良いですね。


15時55分、幕内土俵入です。
04木村正直
東方土俵入の先導は、岐阜県出身の木村正直。
岐阜県出身で最も番付上位の相撲関係者は、この三役行司の木村正直です。
この日は、白馬に朝赤龍、北大樹に琴奨菊の、二番を合わせましたが、
相変わらずの独特の声と機敏な裁きにウットリ。(笑)
この二番は行司ばかり観ていました。(爆)



18時、弓取式で九日目の取組が終了です。
05弓取式
弓取式は、今年夏場所から務めている千代の花。
(今年春場所まで弓取式を務めていた男女ノ里の、
独特のタメが有る四股が観られないのは残念ですが…)


結局、朝8時15分から18時まで、
途中ちゃんこ食べに屋台へ行っている間を除いて、
ずっと取組を観ていました。
全く飽きることなく。
06櫓
ん~、この櫓の組み立て、惚れ惚れする職人技ですね。



【オマケ】

一緒に行ったコノ御方は、いつものように寝てしまいました。(笑)
オマケ
そっとしておきましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する