なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
北海道を愛する皆様へ予めお知らせしておきます。

弊記事本文中、北海道に関して酷いことを書いてございますが、
寛大なお心で見過ごしてやってくださいませ。




J2第15節は札幌遠征。

早朝、集合場所へ行くと怪しい車が駐まっていました。
01集合場所に

どうやら、お見送りの方のようです。
02お見送りの方が

見送られながら遠征に出発。


北海道への移動手段は飛行機。
03中部国際
中部国際から新千歳まで飛びます。

今回も空港での検問で尋問されるハメに。
「この水筒はナンダ?」
「ZIPPOって書いてあるキーホルダーは、ライターでは無いのか?」
と質問攻め。
水筒はフタをとって匂いを確認をして持ち込み許可をもらい、
キーホルダーはZIPPOブランドのLEDライトだけど壊れていて点かないことを説明。
だが結局、キーホルダーは持ち込めず、鍵だけを持ち込むことにして、やっと釈放。

愛知県でスデにアウェイの洗礼。
自分にとってセントレアはアウェイ。(笑)


新千歳空港に到着。
スデにクタクタでございます。
04何かのポーズ
この御方は元気です。
クラークのつもりでしょうか?

新千歳空港から札幌ドームまでの移動は路線バスを利用。
飛行機の座席よりもゆったりしてくつろげます。
05バス乗車
空港からドームまでは直通で片道1000円。
JR→地下鉄を乗り継いで行くよりも安上がり。


バスの車窓から見える北海道の景色は…
植生こそ違えど、岐阜羽島周辺とか栃木とかと同じじゃん。(笑)
撮影するまでも無いね。(爆)
などとボロクソに言っている間に、札幌ドームが近づいてきました。

札幌ドームバス停は、その名前の通りドームのすぐ横。
この階段を上がると、そこは札幌ドーム北ゲート入口。
06ドームバス停
そこにいた警備員は、
「岐阜サポーター13名通過。」
と、無線でやりとりしておりました。
コチラの動向はヤツらに筒抜けのようです

階段を上りきったら、確かに北ゲートのすぐ横でしたが、
生憎アウェイ側はバス停から一番遠い南ゲートからの入場。
07アウェイ側へ移動
我々は、まだ階段を上らねばならんようです。

ドーム東側。まだまだ登る。
アウェイ側は遠い。
08まだ登る
先程から警備員の増援部隊が我々をマークしている。

東側には、天然芝養成所がありました。
09天然芝跡地
ここでサッカー用の天然芝を育てて、
試合日になるとドーム内へ芝生を搬入する仕組みです。
今日はサッカーの試合日なので、天然芝はドーム内にあります。
というか、ここでサッカーをやってもJ2なら間に合うんじゃないのかね?(笑)

南側に来ると、花が沢山咲いていたので思わず撮影。
10花とドーム
近くでは警備員が相変わらずこちらをマークしている。

ここがアウェイ側入場口。
殺風景なので、緑色の旗で入場口を飾ってみる。
12アウェイ入口
ここまで来る間、警備員が無線でやりとりしながら付きまとっていた。

開場までの時間、一番高い所で旗を振り回す筆者。
11高いところで
警備員は苦笑していた。



12時入場。


手荷物検査で、
「この水筒はナンダ?」
ここでもかよ。(苦笑)

札幌ドームは規制が厳しく、水筒持ち込みもダメ。
正確には、
“水筒に飲み物を入れた状態での入場が不可”
というだけで、入場後は水筒に飲み物を入れてもOKなんです。
何が言いたいかというと…、
ご想像にお任せします。


入場してからスタンドへの移動中も警備員が我々を常にマークしている。
しかも先程よりも警備員が増えている。

さて、ドーム内はこんな感じです。
13メインスタンド
撮影している場所(つまりアウェイエリア)は、野球開催のときはライトスタンドになります。
スタンドは可動式で、メインスタンド側がネット裏になり、メインスタンド前部が一塁側へ移動。
バックスタンド側はバックスクリーンで、バックスタンド前部は三塁側へ移動。
サッカー用天然芝は、バックスタンドが両側に開いて、そこから外へ出します。
そして、野球用人工芝を敷く。
なかなか面白い仕組みのドームですね。

ドームの説明はこのくらいにして…

アウェイ側の横断幕を張るスペースは極端に少ない!
14ダンマク張り中
写真奥の緑系横断幕を張っているところから、写真手前の撮影している所までしか掲出スペースが無い。
横長の横断幕は仕方が無く、縦に張ることに。

横断幕を張るスペースはこの通りゲンミツに決められておりました。

16境界線
長居スタジアムでも、このような境界線を見ましたが、札幌ドームの方がよりゲンミツです。
境界線からチョットでもはみ出そうものなら、警備員がすっ飛んできて、
「ダメです。」
たった1cmはみ出ただけでも、
「ダメです。」
手すりへの貼り付けも、
「ダメです。」
座席への固定、
「ダメです。」
地面に置く、
「ダメです。」
屋根、
「もっとダメです。」

「ダメ、ダメ、ダメ、ダメ…、このダメ人間がァ!」
と、心の中で思いながらも、
「ハイ!」
と、返事をして警備員の指示に笑顔で素直に従いました。


スタンド上段から撮影。
17上段から
スタンドの傾斜がキツイ。
上がり下がりで息が切れる。
長居スタジアムのときよりもエラい。

岐阜側応援席がこんな感じ。
本当にアウェイエリアは少ない。
18岐阜側
この撮影場所へは、緑系の装備を解除して潜入していきました。(笑)
でも、アウェイエリアのチケットではここまでが精一杯。
これ以上、一歩でも前に出ると、警備員が…(以下略)


さあ、選手が登場しましたよ。
19試合前
旗を振って出迎えようぜ。

…と、その最中!(←モナカじゃ無いよ)

マイフラッグのパイプが折れました。
18mm径の塩ビ管が見事にポキッと。
20真っ二つ
曲がるのでも無く、何の前兆も無く、いきなり折れました。
しかも、この試合でおろしたての新品のパイプです。

テリーマンの靴紐占い(笑)みたいに悪いことが起こらなければ良いのですが…


そんな事もあってか…

3-0で岐阜の完敗。


こんな日はサッサと帰ろう。
あ、でも、帰りの飛行機は明日だっけ。
取り敢えず、宿へ移動。

宿へは、地下鉄移動。
地下鉄福住駅へは遠い。
アウェイ側出口からだともっと遠い。
出口を出たところから、またしても警備員が、
「岐阜サポーター17名がそちらへ向かっております。」
と無線でやりとりを始めました。
地下鉄福住駅までの道中、常に警備員にマークされ続けます。

そんなにマークしなくても、悪い事なんてしませんって。

後から聞いた話では、警備員は我々をマークしていたのでは無く、
我々をコンサドーレサポーターから護ってくれていたのでした。
つまり、警備員さんは岐阜サポーターの護衛だったわけですね。
ありがとうございました。
おかげで何事も無く、移動が出来ました。

地下鉄は豊水すすきの駅で降ります。
少し歩いて宿に到着。

もう、疲れました。
21相撲を見ながら
このまま寝てしまいたいくらいでしたが、
岐阜サポーターが40人くらい集結しての大宴会に誘われたので、宴会場へ移動。


適当に食べて、適当にウーロン茶を飲む。(酒は呑まないんです)
大宴会終了後、元気は者は、2次会、3次会へと向かい、
また、ある者は、すすき●の奥深くへ消え…。
私とBF氏は、疲れていたので、サッサと宿へ戻りました。


22時消灯、6時起床。
修学旅行生よりも健康的な宿泊です。


8時には宿をチェックアウトして、バス停へ移動。
バス停へは、すす●●のド真ん中を通っていきます。
22バス停へ

バス停到着。
23バス停到着
8時24分発の新千歳空港行きへ乗り込む。


新千歳空港到着後、鉄火丼を食べる。
25鉄火丼
思ったよりも美味しくない…
北海道グルメは大したことないな(爆)


検問で行きと同じような尋問を受けて、昼過ぎにセントレアへ到着。

あまりにも北海道グルメが口に合わなかった(爆)ので、
岐阜へ戻ってからは、食べ慣れた店で口直し。
それは、餃子の王将千手堂店!
26千手堂



と、いうわけで、観光は一切無し(というか私は観光が嫌い)の初北海道でした!



次の遠征は、平日の横浜戦です。
コメント
この記事へのコメント
いつもたくさんの写真と読んでいて楽しいコメントに後ろ髪を引かれ、松尾製作所さんのファンになってしまいました。

北海道遠征、お疲れ様でした。
結果は…。
桜組もコンサさんには同じくドームでコテンパンでしたぁ~。
次節も横浜遠征ですか?
ブログ、楽しみにしてますねぇ。

桜組は熊本…テレビ観戦です。
大阪ではインフルエンザの影響で次々節のホーム戦が危ぶまれております。
2009/05/18(月) 18:27 | URL | ton #-[ 編集]
tonさんへ
いつもコメントありがとうございます。
次節横浜遠征の記事も楽しんでいってください。
とは言え、平日だと写真を撮る余裕が無いかも?

岐阜が大阪へ行く11月までには新型インフルエンザを撲滅しておいてください(笑)
2009/05/18(月) 19:03 | URL | 松尾製作所 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://factorymatsuo.blog74.fc2.com/tb.php/169-800aa185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック