なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
FC岐阜応援アイテムを自作しよう!
というわけで、今回はゲートフラッグ(ゲーフラ)の製作講座

「ゲーフラって何のことか良く分かんない…」って方は、
こちらの『J’s GOAL』を御覧になられると良く分かると思います。
しかも、正攻法での作り方まで載っているという至れり尽くせり。

私の作り方は、かなりイレギュラーな作り方なので、アテにならないかもしれません(笑)
でも、一応参考程度にはなるかと思い、
ゲーフラの製作過程を載せてみました。



さて、
今回は、布を切って縫って、両端に棒を通せる状態にしたものを作ります。
丁度この写真のように。
ゲーフラブランク



必要なモノの説明。


 綿素材が良いでしょう。白色なら安物でも構いません。
 ただし、安物の濃色布は色落ちする可能性があるので、色落ちしないものを選んでください。
 カラーシーチングやチノクロス等であれば、塗料のにじみが少なく安心して使えます。
 サテン地は塗装が難しいのでゲートフラッグにはオススメできません。

裁ちバサミ
 布を切るハサミ。
 布が切れさえすれば、ハサミ以外の切断工具でもOK(笑)

ミシン
 ポール袋を縫ったり、外周の末端処理をするときに使用。
 もしミシンが無ければ手縫いでもOKさ!


 普通の綿ミシン糸。マトモなら何でも良い。
 布と同色が基本だけど、あえて布と違う色を使うのも面白いかも?

まち針
 布を縫うとき、これがなきゃ布を固定できない。

アイロン
 シワを伸ばしたり、縫う前に折り目をつけたりと、重宝する。
 無くても何とかなったりする。(笑)


 完成したゲートフラッグに通す棒。
 園芸棒、ツッパリ棒、水道管など、持ちやすいものなら何でもOK。
 私は外径22mmの塩ビ製パイプを使用しています。

あと、あると便利なモノ
巻き尺(寸法を測るため)
ペン(切る位置を明確にするため)

裁縫セット



第一工程:布を切る

お好みの寸法のところで真っ直ぐ切ります。
切るべきところを測り、ペンか何かで印をつけておけば分かりやすい。
描く図案と寸法が決まっているのなら、
棒を通す袋の寸法も考えて裁断しなくてはならないため注意が必要です。
また、長期使用を考えるなら、上下左右とも補強のため端を折り返して縫っておいた方が良いので、
それも考慮しておきます。
よって、描く図案の寸法よりも、左右100~200mm、上下30~60mm大きめにとらないといけません。
今回は縦1120mm×横1000mmで切りました。


第二工程:ミシンで端を縫う

布の端を折り返してミシンで縫います。
補強用の折り返しを縫う場合、ゲーフラの下→左右→上の順で縫うと良いでしょう。
下の画像の、1→2の順に折り返しを2回したら、アイロンを当てて、折りグセをつけておきます。
01折り順
02折り
折ったところにまち針を数本刺して固定。
まち針

固定できたら、ミシンでまち針ごと縫う。
ミシン縫い

縫い終わったところからまち針を外します。

同じように、今度は左右の端を縫います。
写真の如く、棒が入るように大きめに縫わないといけませんよ。
棒袋

左右の棒袋を縫ったら、最後に上側の補強。
下側と同じ方法で、折り返して縫います。
こうしておけば棒が突き抜けなくなります。


これで、両端に棒を通せる状態にしたものは完成。
完成

今回できたもののサイズは、縦1080mm×横860mmになりました。


ここに想いを伝えるメッセージや、カッコイイ絵などを画いていくのだ。




ちなみに…

もし、ミシンが無ければ、
針と糸で手縫いですね。
普通に波縫いをして、末端だけ何度か返し縫いをしておけば大丈夫!

針と糸も無ければ、
ガムテープ作戦!
ガムテープ袋
棒が入るように布を折って、ガムテープでベベタァ!っと貼れば完成!
でも長期使用には耐えられないので、ガムテープ作戦は短期使用ゲーフラ向きだね。
ガムテープとホチキスを併用すれば、耐久性は上昇するかも?



最後に一言…

ゲーフラの作り方にセオリーなんて無い!

自分で好きなように作るのがゲーフラ作りの醍醐味なのさ。


みなさんも、自分なりの作り方で応援アイテムを作ってみよう!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://factorymatsuo.blog74.fc2.com/tb.php/127-b79e1798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック