なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
10月30日(日)の北九州遠征報告です。

J2下位同士が直接対決する大一番となった、FC岐阜対ギラヴァンツ北九州の遠征試合。
勝利をキッチリ取りに行く!という意気込みで、
松屋で「鶏のチリソース定食」を食べてから、遠征仲間との集結場所に向かいます。
チリソースと鶏肉で、キッチリ勝利をとりにいく。
縁起が良いメニューなのです。
01鶏のチリソース
私は辛いのはニガテですが、そんな事は気にしない。(笑)
縁起物ってそういうものですから。


当日の早朝1時。早朝と呼ぶには早すぎる時間。
岐阜県某所に遠征仲間が集結して、10人乗りの大ハイエースに乗り合わせて出発。
名神高速→山陽道などを経て、北九州に向かいます。

道中、私は車内で眠って過ごして起きたら…
もう其所はスタジアムの近くでした。
02本城周辺
皆、ここで朝食を食べていくようです。

幕の内朝食を食べていきます。
03幕の内朝食
試合直前は、こういう無難なものを食べておいたほうが安心するのです。
食べ慣れていない物を食べて、体調を崩すわけにはいきませぬ。

朝食後、本城陸上競技場の駐車場に車を止めて、スタジアムに向かいます。
04本城陸上競技場
ここで試合をするのも、これが最後です。
来年からは、立派な新スタジアムで試合をするんですって。

久しぶりに弊ウェブログの大人気キャラクターの『アノ御方』と出会いました。
ご健在そうでなによりです。
05アノ御方
召し上がっておられるのは、戸畑名物の焼きちゃんぽん。
見た目は、ただのソース焼きそばですが、お味は…?(笑)


12時00分、開場。
06入場
この長閑な風景のスタンドもこれで見納め。

今日日珍しいアナログなスコアボードも見納め。
07アナログスコアボード

さあ、間もなく試合開始。
08FC岐阜応援席

勝つためにここに来た。
14時00分、試合開始。

結果は、2-1でFC岐阜の敗北。

これでFC岐阜は最下位に転落しました。
しかし、まだ4試合も残っています。
浮上するには充分な試合数です。
この4試合中、3試合がホーム長良川での試合です。
このホームのアドバンテージは絶大です。
なにしろ、多くの岐阜の仲間による後押しが出来るわけですから。
そう考えるとワクワクしてきますよね。

残り4試合、この逆境を乗り越えるチームを妄想しながら楽しく応援してきましょう。



帰路は来た道を辿って帰りました。
岐阜県某所に着いたのは深夜1時頃。
まる24時間の遠征でございました。
11月22日(土)ホーム長良川で迎え撃つFC町田ゼルビア戦です。


たまには…
長良川のスタジアムグルメを紹介していきます。

海津名物の「焼きくさもち」。150円也。
DSCN1646.jpg
焼いていない草餅もありますが、注文すれば焼いてくれるので、1個注文。

外は焼き目がついて香ばしく、中はあんこがギッチリ詰まっています。
DSCN1647.jpg
ンマ~イ!


つづきまして、「牛ほほ肉丼」。800円也。
DSCN1649.jpg
牛ほほ肉がしっかり煮込まれていて、ンマイ!
でも、これはシチュー丼と言っても良いのでは?(笑)


今日はスタジアムのイベントでお菓子まきがありました。

今年の5月に結婚式を挙げた私も、このお菓子まきに応募する権利があったのですが、
妻にバッサリけんもほろろに断られて、No!断念!(笑)

と、いうわけで、お菓子を拾う衆として参加。
DSCN1651.jpg
私が小僧だった頃は、大安休日の度に近所のどこかでお菓子まきがあったものです。
当時、小僧だった私は、オバタリアン達に吹っ飛ばされて血まみれになりながらも、
根性でお菓子を大量にゲットして楽しかったなぁ…
という、小僧時代の想い出に浸りながら、後ろの方で見守りました。

見守りながらも、目の前に転がってきた流れ菓子をちゃっかりゲットしましたが。(笑)



試合の方は、FC岐阜が先制しましたが、
町田に2点取られて、1-2で逆転負け。

次節は、残留をかけた今季大一番の直接対決アウェイ北九州戦。
日曜日のデイゲームという事で、遠征しやすい日時です。
新幹線を使えば、余裕で日帰りが出来ます。
なにがなんでも北九州に征って、FC岐阜のために応援しましょう。
10月16日、京都遠征報告です。

当日の早朝、遠征仲間達との集結場所に向かう途中にある某定食店で朝食を食べていきます。
01ミニ鯖豚汁変更
ここは定食のご飯が食べ放題なので、ガッツリ有り難く頂いていきます。

岐阜県某所で仲間達と合流して、名神高速道路を通り、京都へ出発。

朝9時頃、試合会場の京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場に到着。
02待機列
この待機列で並んでいると、早速、アウェイの妨害工作に遭います。(笑)
ヤブ蚊(たぶんヒトスジシマカ)の集団に囲まれて、アチコチ刺されました。
イヤな場所にアウェイ側の待機列を設定されたものです。

蚊の襲来を避けつつ、開場時刻まで待機していると、
理由は不明ですが、元FC岐阜選手の宮沢正史氏が通りがかりました。
03宮沢氏
まるで芸能人に出会った子供達のように大はしゃぎな仲間達です。


13時00分、開場。

FC岐阜を応援する横断幕を設置して選手の到着を待ちます。
05横断幕
ちょうどここから選手達が入ってくるのです。

FC岐阜の選手を乗せたバスが到着しました。
06バス待ち
旗を振って選手を出迎えます。


FC岐阜応援席の後方より撮影。
07応援席
照明塔が邪魔でピッチの一部が見えない奇妙な設計のスタジアム。
これもアウェイの妨害工作と思えば微笑ましいものです。(笑)

さあ、間もなく選手達がピッチに出てきます。
08ピッチ
今日もハリキって応援していきましょう。


15時キックオフ。

試合は…
FC岐阜が見事な守備を見せて、0-0の同点のまま終盤を迎えます。

ところが、最後のワンプレーで京都にペナルティキックを決められ、
1-0とされたその直後に試合終了のホイッスル。

選手達は良く守っていたのですが、なんとも悔しいサヨナラ負けでした。


次節はホーム長良川での町田戦。
重要な試合ですよ。
ホームの力でFC岐阜を勝たせられるように応援していきましょう。
10月8日(土)大阪遠征報告でございます。

大阪長居公園のキンチョウスタジアムまで、遠征仲間と共に車で行きます。

当日の早朝、岐阜県某所に遠征仲間が集結するはずですが、
時間になっても約1名来ておりません。
どうやら寝坊しているようです。
どうすんの?
ご自宅まで迎えにいくという結論になりました。
01寝坊
本日はここから車2台で遠征に出発でございます。(笑)

岐阜各務原ICから名神高速の吹田を経由して、近畿自動車道の八尾ICで降ります。
長居公園の最寄りICは、大阪都市高速のICなのですが、渋滞を避けるため、近畿道の八尾ICを利用します。

長居公園に到着。
公園の地下駐車場に車を止めます。
地下駐車場と外を繋ぐ出入り口には、駐車券が無いと出入りできない仕組みの扉があります。
02駐車場扉
つまり、駐車券を持たずに外に出てしまうと、車に戻れなくなってしまうというメンドウなシステムです。
防犯上のためであったり、地下にダンボール屋敷を勝手に建てられたりするのを防ぐのが目的なんだそうです。

と、いうわけで、駐車券をしっかり持参して、外に出ます。

出発時は雨天でしたが、晴れ間が見えて良い天気になってきました。
03長居公園
長居公園内では気持ちよさそうにジョギングしている人も多く居ます。

野犬も気持ちよさそうに徘徊しております。
04野犬
犬嫌いな方はご用心ください。(笑)

キンチョウスタジアムのアウェイ専用入口に到着。
05アウェイ専用入口

待機列に場所を確保して、食事に行きます。

長居公園のすぐ近くにある定食店で、カツ丼を注文。680円也。
06カツ丼
「カツ丼はマズくてもウマい。」
「カツ丼は王者のメシだ!」
と、いう歌を思い出しながら食べます。(笑)

食事後、スタジアムに戻り、開場を待ちます。

07入場

12時00分、開場。

サッカー専用スタジアムで見やすい…
と思っていましたが、意外とピッチまで遠くて見づらいですね。
08ピッチ
しかも、看板が邪魔で、ゴールライン付近の攻防が見えません。
これぞアウェイの洗礼。(笑)


試合は…

セレッソ大阪があっけなく3点も先制して、
3-0と大差をつけられてしまいます。

しかし、FC岐阜関係者は「3-0は危険なスコア」というのを知っているため、
ここから一気に追撃します。
FC岐阜は2点返して、3-2としますが、あと少し及ばず、
3-2でFC岐阜は敗北しました。残念。


帰りは来た道を戻ります。


次節はアウェイ京都での試合ですが、
FC岐阜を勝たせるために、京都に集結しましょう。
10月2日、ホーム長良川での岡山戦。
連勝の勢いはどこへやら…、
あれれという間に失点を重ねて、
FC岐阜は、0-5の敗北でした。

ヘコたれていないで、次節以降のアウェイ連戦に備えていきましょう。