なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
ホーム長良川での甲府戦は、0-3の完封負け。


FC岐阜の状況は何かと悪い状態が続いていますが…


このような時こそ、力強く応援していかなきゃならないと思います。


「自分たちの心が折れたら終焉を迎えてしまうッ!」
というような強い意志を持って応援していきましょう。

まあ、これは極端な表現ですが…

それくらいの意気込みで応援を続けていきましょうね。



次節はアウェイ千葉で、岐阜の仲間と共に「勝利の賛歌」を歌いましょう。
5月20日、山形遠征試合の報告です。



行動は前日19日から開始。

今回は、ポツネンな独り旅です。


移動手段は、JR岐阜駅から鉄道移動。
01本日の出撃車
大きな応援機材を持ちながらの移動も、すっかり慣れました。

岐阜駅から名古屋駅へ行き…、
そこからは贅沢にも新幹線。
名古屋駅→東京駅→山形駅と乗り継ぎます。

岐阜を出て、約5時間後、山形駅に到着。

山形駅にはモンテディオ山形の幕が沢山あり、アウェイ地に来たことを感じます。
02山形駅到着

この日は、山形駅周辺の宿で一泊します。

宿の名は、『ホテルグリーントーホク』。
グリーンという名が良いですね!

ホテルに入った後は、大相撲十四日目のテレビ中継でも観ながら、ダラダラと過ごします。
03ホテルグリーントーホク
ちなみに…
画面に写っている行司さんは、岐阜県出身の木村正直三役行司。
西方は、千秋楽の決定戦で優勝を決めることになる旭天鵬関。


このホテル…
偶然にも(?)いつもの遠征仲間も宿泊するようで、
気が付けば、岐阜サポーターがホテルグリーントーホクに集結していました。

翌朝、スタジアムまでシャトルバスを利用するつもりでしたが…、
同じホテルに泊まった岐阜サポーターの車でスタジアムまで送っていただきました。
ありがとうございます!
04スタジアム到着
おかげで楽にスタジアムにたどり着きました。

岐阜サポーターの皆さんもスデにおそろいのようです。
05ビジター入場列


開場まで時間もあることですし、
NDソフトスタジアム山形のスタジアムグルメを買い食いしてみます。

06炎のカリーパン

買うのは、炎のカリーパン。
実は…、『県民性マンガ うちのとこでは 2』(もぐら著)でネタにされてから気になっていました。
対戦相手チームの名産品が具として入っています。

岐阜戦の場合は何が入っているのかな~?

五平餅、けいちゃん、栗、鮎の甘露煮、という何の変哲もない普通に美味しそうな4種類でした。

私は、郡上味噌、富有柿、赤かぶら、蜂の子、あたりを予想していましたが。(笑)

07鮎の甘露煮入り
買って食べたのは鮎の甘露煮入り。ンマイ!


そうしている間に、開場の11時00分。

スタジアムに入場。
08スタジアム内

実はワタクシ…、
今更ですが、前回2008年の時は来ていないので、初めてのNDソフトスタジアム山形です。


試合は…

前半にPKでFC岐阜が先制!

0-1で前半を折り返し、金星を狙います。

しかし後半、逃げ切ることが出来ず、
2点返されてしまい、
2-1で逆転負けでした。

またしても、接戦で競り負けてしまいました。



帰りも新幹線で帰ります。

JR山形駅までは贅沢にもタクシー!

山形駅からは往路に通ったルートを戻る経路で帰ります。


こういう贅沢な遠征も、たまには…良いですね。
新幹線利用に、ちゃんとした宿で一泊。体力的に楽です。

岐阜が勝てていれば最高だったのですが…。(苦笑)
5月13日、ホーム長良川で迎えた松本戦は、0-1で完封負けでした。

FC岐阜にとって負けられない闘いでしたが、悔しくも負けてしまいました。


ホームの雰囲気は作れていたのでしょうか?
ホームの応援力は足りていたのでしょうか?

もし、それらの理由が負けた原因だと仮定するなら、
FC岐阜を応援する人達の力が不足していたということでしょう。

選手達の後押しに貢献することができずに、ただただ申し訳ないという気持ちです。
ホーム長良川で競り負けたときは、いつもそのような気持ちになります。

『ホームの力』というのは、最初から存在しているのでは無く、
そのチームに関わる全ての人達の力で初めて創り出されるもの!
と、思っております。


次のホーム戦は、皆で『ホームの力』を創り出していきましょうね。



その前に、山県…じゃなかった、山形遠征試合があります。
交通の便は悪いところですが、その逆境を乗り越えてこそのアウェイです。
岐阜を愛する皆さん、山形でお待ちしております。
5月6日の早朝、岐阜県某所に岡山遠征に行く仲間達が集結。

今日も松尾車は応援機材でギッチリです。
01出発前松尾車

こちらのサポーターは、出発直前に選手応援用横断幕の仕上げ作業をしております。
02幕仕上げ中
今日の試合に対する想いや意気込みが伝わってきますね。


岡山へ向けて出発。


岐阜を出て数時間後、岡山のkankoスタジアムに到着。
03アウェイ入口


ここのスタジアムでは、アウェイ応援席でも横断幕等の事前設置が可能なようですので、
横断幕掲出の手伝いをするため、一度スタンド内に入ります。
04横断幕設置中

掲出完了後は、一度スタジアムの外に出て、
FC岐阜の選手を乗せたバスを出迎えるため移動します。
05移動

今日は忙しい~!
でも、岐阜を勝たせるためなら何でもやりますよ!

06移動中
岐阜サポーターが集団でやってきて、ビックリする岡山サポーター達。(笑)


競技場入口に岐阜サポーター達が陣取って、選手バスの到着を待ちます。
横断幕には『負けられない闘い』というメッセージ。
07選手バス出迎え

これほどまで自由に応援することが出来たので、岡山のスタッフと治安の良さには感謝です。



試合前から熱く応援した成果でしょうか…

肝心の試合の方は、0-1でFC岐阜が完封勝利ィィィ!


タオルマフラーを掲げて『勝利の賛歌』を熱唱中ゥ!
08勝利の賛歌

アノ御方も大喜びッ!
10BF名人

スタジアムの外で氷菓で祝杯。「イエーイ!」
12イエーイ!
この間、通行人の岡山サポーター達(全員知らない人)から祝辞を頂きました。
岡山人のビジターに対する優しさは相変わらず素晴らしいですね。(笑)


家に帰るまでが遠征です。

帰りも安全運転で車を走らせ、日付が変わる前に岐阜へ到着しました。


次節ホーム戦も勝って連勝ですね!
5月5日、北西部にて行われた練習を見学。

2012050501.jpg

明日の岡山遠征試合は勝ってくれることでしょう!




練習見学後は昼食のため移動。

今日は、FC岐阜サポートショップでもある『albero blu』のパスタランチ。

2012050502.jpg

オシャレで、ディ・モールト美味しいです。
5月4日、各務原にて練習見学。

2012050401.jpg

今日と明日の2日間でキッチリ練習して、勝てるようになってもらいましょう!
FC岐阜、5月3日のホーム長良川での水戸戦は、0-1で完封負けでした。

ホームの雰囲気を作って後押しする力が足りなかったのかなぁ…。


中2日の試合が続くGWで、まさかの3連敗。それも3連続完封負け。

次節は、アウェイ岡山へ行って、連敗を“爆止め”しよう!
5月2日、北西部での試合前日練習を見学。

2012050201.jpg

密度の濃い練習を念入りに行っているように感じられました。

中2日と、疲労が溜まりやすい日程にもかかわらず、
これだけ練習しているのですから、
明日の試合は、ホームの力で勝たせたいですね!




練習見学後は、偉大なる「餃子の王将 千手堂店」にて食事。
2012050202.jpg
5月1日、FC岐阜の練習見学。

20120501.jpg

中2日での試合が続く過密日程ですが、
次節はホームの有利さを生かして活躍してほしいです。




練習後は、独りで食事へ…

個人的に好きな「カレーのチャンピオン」一宮開明店へ。

「Lカツカレー」に「エビフライ」をトッピング。
さらに20円追加で「マヨネーズトッピング」。
DSCN7401.jpg

弊ウェブログで「カレーのチャンピオン(略称:チャンカレ)」を紹介するのは初めてですが、
私は昨年から頻繁に通っております。

このチャンカレ、また食べたくなる不思議な味です。
なので、ファンの間では“麻薬カレー”と呼ばれています。
食べ続けると、いつか私みたいに中毒症状に陥ります。(笑)
FC岐阜、4月30日の富山遠征試合の報告です。

当日の早朝、岐阜県某所に遠征仲間が集結。

近場の遠征ということで、人員も応援機材も大量に輸送します。
01出発前
松尾車には、人材が定員いっぱいの8人も乗りこみ、応援機材も山ほど積み込み、乗車率100%状態。
こういう余裕のないギッチリ輸送は、久しぶりですよ。


岐阜を出て、3時間ほどで、富山県総合運動公園に到着。

02富山到着

競技場のアウェイ側入口に向かいます。

03輸送中

14時開場。
競技場内に入ります。
04岐阜側応援席


岐阜の有名人・アノ御方がやってきました。
今日は、太刀持ち・露払い(?)を伴って登場です。
06アノ御方


05スタジアム

16時キックオフ。

試合は、岐阜が優勢に試合を進めていましたが、
残念ながら良い結果は残せず、1-0の完封負け。

接戦で勝てなかったのは、辛いですね。


敗戦に落ち込むヒマも無く、中2日で次の試合はやってきます。

長良川のホーム力で岐阜を勝たせよう!