なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
ホーム長良川で迎える愛媛戦。

この試合から、ケガで離脱していた川島眞也選手が復帰です。
ピッチ練習のときから川島選手への声援が大きかったように感じられました。
dc11102501.jpg

結果は、3-3の引き分けですが、
またしても後半終了間際に点を入れられ、同点に追いつかれてしまいました。

この弱点を克服できることが出来れば、
まだまだ強くなれることでしょう。
今季最後の平日アウェイは、レベルファイブスタジアムにてアビスパ福岡と戦います。

夜が明ける前に、岐阜県某所を出発。

集合時間までの間、オリオン座流星群を観測。
40分間で6個の流れ星を目撃しました。

今回の遠征は、大きい車が登場。
移動手段は車以外に考えられなくなった一行が乗り込む。
01BRIGATE号

このジンは、どの車に乗っても右側最後尾ポジションは譲らないようです。(笑)
02RSB
カメラを向けるといつもと違うポーズを決めてくれました。(笑)

車内では、遠征仲間達が、
「アビスパのヤツら、また試合前に結婚式やって負けねーかな?」
など、この遠征試合の意気込みを語っていました。(笑)


順調に進み、関門海峡バシ(笑)を見物。
03関門海峡橋
手前が本州。奥が九州。


空き時間があるようなので、博多駅南でラーメンを食べる。
04珍しくラーメンを喰う
ラーメンを食べるのは今季3回目。


レベルファイブスタジアムに到着。
04L5スタジアム

05アウェイ入口

開場までの時間を利用して、旗の補修作業を始めたようです。
06補修

さらに、旗振り稽古の時間がやってきました。
07旗振り稽古2

06旗振り稽古1
マンツーマンの指導?(笑)

08旗振り稽古3
今日はFC岐阜ファン・サポーターが少ないので、
旗を効果的に利用して応援する作戦のようです。


16時45分、開場。

少人数ながらも手分けして横断幕を掲出。
10横断幕設置完了1

11岐阜側応援席


キックオフ1時間前。
一人一本旗を振って選手登場を待ちます。
12選手待ち

スターティングメンバーを入れ替えた岐阜の選手達が登場。
13選手登場
久しぶり先発の大友選手、永芳選手には頑張ってもらいたいです。


試合は完全に岐阜が福岡を圧倒。
しかし、ゴールを決める事が出来ず、0-0で前半を終えます。

この勢いのまま、後半のゴールを期待して、
ハーフタイム中も旗を振り続ける岐阜サポーター達。
14旗振りデスマッチ
少人数だけど、頼もしい!


後半も岐阜が押していましたが…
混戦からこぼれ球を入れられ、またしてもロスタイムに手痛い失点。
その直後に試合終了のホイッスル。


内容が良くても勝てない試合ほど悔しいものはありません。
この悔しさを忘れることなく、次節ホーム戦では、勝ちにこだわっていきましょう。



負けた試合の帰り道は辛かったなぁ…。
対ザスパ草津戦、第1クール、第2クールともに勝利して、
同一チーム3タテを狙うFC岐阜は、アウェイ正田醤油スタジアム群馬で戦います。


岐阜県某所にて、アノ御方が松尾車の定位置に乗り込みました。
01出発前から
出発前からスデに寝ていらっしゃいます。
のび太君並の睡眠力。(笑)


あっと言う間に前橋市敷島公園に到着。
02敷島公園
片道約400kmなんて、ものすごく近いですね。(笑)

03アウェイ入口
公園内を少し歩くと、アウェイ側入口です。


開場待ちの時間、名物の「鳥めし」を食べます。
03並んで鳥めし
偶然にも、皆一列に並んで食べるという奇妙な光景。(笑)


13時開場。

高い壁に横断幕を張り付けるために、脚立を用意したようです。
04脚立を用意して
さすが、前回の時の教訓が生かされていますね。

前回、芝生に横断幕を掲出しようとしたとき、
『ゴール裏芝生エリアへの横断幕掲出に関しましては、
杭・重しをご用意頂き、突風などで飛ばないような補強を出来る方のみとさせて頂きます。』

と、ザスパ草津運営の方から言われて、
急遽、横断幕を固定するためのペグを買いに走った経験がありますが、
04芝生幕張り
今回、試合前には
ザスパ草津横断幕掲出ルールの案内(http://www.fc-gifu.com/news/1017vs.html)が、
横断幕を持ってくるサポーターに伝わっているので、
各自持参したペグで問題なく横断幕を掲出していきます。


試合開始1時間前の応援練習。
05応援練習
この試合に勝てば、確実に順位が上がるためか、
いつもよりも気合いが入っているように感じられました。


選手が出てくるのを待つ岐阜サポーター達。
06岐阜応援席

さあ、選手が出てきました。
08選手出迎え
と、書いたものの…
肝心の選手が写っていませんね。お約束ということで…(苦笑)


試合は、
前半を危なげながらも、0-0で折り返しました。


岐阜の勝利を願って、ハーフタイム中も旗を振り続けています。
09ハーフタイム

想いを伝えるために。
09旗振り


しかし後半、残念ながら失点。
反攻するも枠を捉えることもなく、試合終了。

FC岐阜は、1-0で負けました。


このまま順位が下がり続けるのでしょうか?

いいえ、そうならないためにも、
中3日のアウェイ福岡戦で勝ちを取りにいきましょう!
今季の天皇杯、FC岐阜は2回戦から登場。

トーナメントに引き分けはありません。
勝てば次へ進み、負けたら終了。
1試合も落とせない戦いが始まりました。

相手は同リーグの栃木SC。
会場は、長良川競技場。
普段はホームで使用していますが、天皇杯はホーム・アウェイは無く、中立ということになっています。
よって、どちらがホームの雰囲気を作るかが重要になってきますね。

中立とは言え、相手に長良川競技場で好き勝手やらせたくない想いが皆強いのか、
試合前からボルテージを上げている人が多いように感じられました。
DSCN6472.jpg

DSCN6473.jpg

試合は、後半に洸一選手が決勝点を取り…、
DSCN6477.jpg

その後は、なんとか逃げ切り、1-0で勝ちました。
DSCN6482.jpg

これで3回戦に進出です。
次は、秋田市八橋運動公園陸上競技場にて、北信越1部の松本山雅FCと対戦します。
FC岐阜の選手はPK練習を行っておりました。

PK練習

明日から天皇杯。
岐阜の選手は若手が多く、PKの経験不足ということでしょうか。
PKで決着をつける前に、90分間で試合を決めてもらいたいですね。
DSCN6450.jpg

FC岐阜vs東京ヴェルディは、ホームの平日ナイター雨天試合。

DSCN6455.jpg

意気込んで試合に入りましたが、
あと少しのところで、勝利を逃してしまいました。

悪条件の中、選手達は頑張っていたのですが、
結果は1-1の引き分けになってしまい、悔しかったです。
第43節、アウェイの鳥栖戦。

移動手段は車です。
それ以外の選択肢が出てこなくなりました。
“慣れ”というのは恐ろしいものです。(笑)

岐阜県某所を深夜に出発。

いつものアノ御方は、別行動で佐賀へ向かうとのことなので…
01RSB
アノ御方が座るポジションには、ヘンなぬいぐるみっぽいものを代わりに置いておきました。(笑)


岐阜を出発して約8時間後、鳥栖市に入りました。

しかし、今節は佐賀市の佐賀県総合運動場陸上競技場にて開催です。
鳥栖市のベストアメニティスタジアムではありません。

というわけで、「サガンクロス橋」を渡って、佐賀市へ向かいます。
02サガンクロスバシ
車内の人達は、徹夜明けの怪しいテンションで、
「サガンクロスバシ!」「長良バシ!」「忠節バシ!」「シンバシ!」
と、橋の名前を連呼しておりました。(笑)

ちなみに、「サガンクロスキョウ」が正しい読み方のようです。


佐賀大和ICを降りて南下していくと、佐賀県総合運動場に着きます。
駐車場から徒歩20秒でアウェイ側入口に到着しました。
今まで訪れた中で、駐車場と入口の距離が一番近いスタジアムですね。
03入口は設営中
この写真は、駐車場からアウェイ側入口を撮影したもの。

横断幕事前搬入直前…
アノ御方が遅れて登場しました。(笑)
04アノ御方合流
ヒーローは遅れて登場するものなんだとか。(爆)
何にせよ、横断幕が間に合って良かったです。


横断幕設営が終わって、開場時間を待つ間、旗をブン回して待機。
05旗ブン回し待機
それにしてもデカイ旗ですね。
右に写っている公式Lフラッグがミニフラッグに見えてしまいます。(笑)

日陰にて仮眠中の方が。
長距離運転お疲れ様です。
06仮眠中
すぐ横では、誰かが旗を振っているようですね。(笑)


14時開場。
07スタンド内は傾斜が…
スタンドは傾斜が殆どありません。
まるで、長良川球技メドウ並の傾斜です。

岐阜側応援席を遠くから撮影。
08ゴール裏からバックスタンド
遠くからだと、どこにイスがあるのか良く分かりません。(笑)


もうすぐ、選手がピッチ練習に出てくる頃なので、
それぞれ応援道具を持って待機しています。
09まもなく選手が登場

選手がピッチ練習を始めました。
10選手練習中

この試合、MF橋本卓選手は出場停止。
現在、岐阜は2連敗中。
対する鳥栖は3連勝中。

嫌な流れで試合を迎えたのですが、粘り強い試合を魅せてくれました。
野田恭平選手がスーパーセーブを連発したり、
失点寸前に田中秀人選手(かな?)が視界の外から現れてオーバーヘッドクリアするなどで、
前半を0-0で折り返します。

11ハーフタイム中
ハーフタイム中も旗を振り続けて、後半に備えます。

ところが、後半の終盤近くに秋田英義選手が2枚目のイエローカードで退場。
その直後に失点。

結果は0-1で岐阜の負け。

選手達が良く頑張っていたのに結果がついてこない試合になってしまい、ものすごく残念でした。

12帰り際

これで今季初の3連敗。

次は中2日でホーム戦。
“ホーム力”で連敗を止めよう。



岐阜に到着したのは、翌日の3時30分頃。
「明るくなる前に帰ってこれたァ!」
と、喜ぶことが出来るなんて、
“慣れ”というものは本当に恐ろしいものです。(笑)