なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
J2第17節、FC岐阜完封勝利の立役者である野田恭平選手に敬意を表してゲーフラを作りました。

031恭平ゲーフラ



作り方は…

菅和範ゲーフラ(http://factorymatsuo.blog74.fc2.com/blog-entry-131.html)や、
西川優大ゲーフラ(http://factorymatsuo.blog74.fc2.com/blog-entry-167.html)と同じ作り方なので省略ッ!

その名の通りアテにならないゲーフラ製作講座なのでした。(笑)
ホームで勝つと、スタジアム全体が喜びます。
何度体験しても良いもんです。
写真や文章じゃ表現できません。
だから、ホーム戦の報告記事は写真も文章も少なめです。
体験できなかった方は、次のホームで是非体験してみてください。

主役
GK野田恭平選手の活躍なくして完封勝ちはありませんでした。
FC岐阜、初の平日アウェイゲームです。

去年の平日ゲームは全てホームでした。
平日アウェイは運良く祝日に重なったり、試合が無い日だったりと、
日程的には恵まれすぎでした。

そのツケが今年回ってきたのがどうかは存じませんが、
今季のFC岐阜は平日アウェイが多いです。

というわけで、今節は平日アウェイですので、仕事を休んで試合を観に行きます。
ええ、岐阜を応援する者は不良社会人まるけです。(笑)


朝10時、岐阜某所を出発。
移動は松尾車1台に8人が乗り込みます。
さらに、横断幕や太鼓、旗などの応援備品も詰め込みます。
そりゃあもうギッシギシです。
足の踏み場もないくらいです。
本当に文字通り足の踏み場がありません。
本来、足を置くスペースにも荷物を置いたので、靴を脱いで荷物の上に足を置くというカオスな車内です。
(運転していたので、撮影し忘れていた!)



休憩に入った浜名湖SAの売店。
01浜名湖SA
綾小路きみまろ漫談CDが大量に売っています。
陳列棚4段中1段全てきみまろさんで埋め尽くされています。
ここの売店担当は、どんだけきみまろさんが好きなんだ?
私も好きなんで、気持ちはわからんでもないですけど。(笑)
こんなに大量に完売できるのか?(爆)


次の休憩は海老名SA。
02海老名SA
黒服の方が、ちっちゃくピースしています。
しかもノールックピース。(笑)


そんな風にマッタリ休憩していると…
突如、その日は絶対に来るはずの無いアノ御方がスーツ姿で登場!
一同驚愕ッ!
03BF遭遇
仕事はどうしたんでしょうか?
「帰ります!って言って帰ってきた。」
だ、そうです。

岐阜サポーターは本当に不良社会人まるけです。(笑)

そんなサプライズもありましたが、滞りなく三ツ沢公園駐車場へ到着。
04三ツ沢到着
平日だから、こんなにも良い場所の駐車場を確保。
すぐ後ろには、アウェイ側スタンドと電光掲示板が見える。

でも、アウェイ側入口は遠回りしなきゃダメなんです…
ニッパツ三ツ沢球技場をぐるっと半周して、アウェイ側(C席)入口へ向かいます。
05C席へ移動
樹木に案内板がくくり付けてある三ツ沢公園。自然と共存?

アウェイ側(C席)待機場所に到着。
06待機場所
今日は暑い日だ。木陰で一服。

一服している間に、期間限定横断幕が登場しました。
ケガで長期離脱した川島選手の分も共に闘う。というメッセージ。
09眞さん幕
後ろにカープの前田っぽい人が居ますが、コチラとは関係ありません。(笑)


さ、もうすぐ開場です。

入場ゲートは待機場所から少し離れた所。
アウェイ側(C席)へは、さらにスタンドの奥へ歩かねばならない。
07ゲート

ん!?

こ、コレは!?
08ププー
間違いがテキトーに修正してありました。
どこかのアウェイサポーターが修正したのでしょうか?

間違いを「ププー!」っと笑っている間に、17時の開場時間になりました。


開場したら、横断幕の掲出作業。
後ろの壁によじ登って張り付けます。
11幕掲出準備中
って、スゴイカメラ目線とポーズを決めていらっしゃる御方がいます。(笑)


今季からアウェイ側の横断幕掲出可能エリアが減ったようです。
12掲示板
確か去年はバックスタンド側も張れたハズでしたが、今季は写真のところまでしか張れませんでした。
それでも札幌ドームに比べれば遥かにマシですけど。(笑)


横断幕掲出作業が終われば、選手が登場するのを待ちます。
13選手待ち
出てくる前から、旗を振り続けて選手を迎える熱い御方。

さあ、選手がピッチ練習に登場しました。
14選手登場
今日も頼むぞ!


試合は、1-1の引き分け。
1点ビハインドの後半、追いついたものの、
あと一歩及ばず引き分け。
「勝ち点1を得た」と言うよりも、
「勝ち点2を逃した」という気分でした。

でも、スタメンが大幅に変わった中でも、選手は良く頑張っていますよ。
次のホームには、良い流れで入れることを期待します。
今度こそ、期待します。



22時頃、帰路へつきます。
15帰路
帰り道は、エースドライバーの方に運転していただきました。

深夜2時30分、岐阜某所に到着。
お疲れ様でした。



次の遠征は福岡です。
北海道を愛する皆様へ予めお知らせしておきます。

弊記事本文中、北海道に関して酷いことを書いてございますが、
寛大なお心で見過ごしてやってくださいませ。




J2第15節は札幌遠征。

早朝、集合場所へ行くと怪しい車が駐まっていました。
01集合場所に

どうやら、お見送りの方のようです。
02お見送りの方が

見送られながら遠征に出発。


北海道への移動手段は飛行機。
03中部国際
中部国際から新千歳まで飛びます。

今回も空港での検問で尋問されるハメに。
「この水筒はナンダ?」
「ZIPPOって書いてあるキーホルダーは、ライターでは無いのか?」
と質問攻め。
水筒はフタをとって匂いを確認をして持ち込み許可をもらい、
キーホルダーはZIPPOブランドのLEDライトだけど壊れていて点かないことを説明。
だが結局、キーホルダーは持ち込めず、鍵だけを持ち込むことにして、やっと釈放。

愛知県でスデにアウェイの洗礼。
自分にとってセントレアはアウェイ。(笑)


新千歳空港に到着。
スデにクタクタでございます。
04何かのポーズ
この御方は元気です。
クラークのつもりでしょうか?

新千歳空港から札幌ドームまでの移動は路線バスを利用。
飛行機の座席よりもゆったりしてくつろげます。
05バス乗車
空港からドームまでは直通で片道1000円。
JR→地下鉄を乗り継いで行くよりも安上がり。


バスの車窓から見える北海道の景色は…
植生こそ違えど、岐阜羽島周辺とか栃木とかと同じじゃん。(笑)
撮影するまでも無いね。(爆)
などとボロクソに言っている間に、札幌ドームが近づいてきました。

札幌ドームバス停は、その名前の通りドームのすぐ横。
この階段を上がると、そこは札幌ドーム北ゲート入口。
06ドームバス停
そこにいた警備員は、
「岐阜サポーター13名通過。」
と、無線でやりとりしておりました。
コチラの動向はヤツらに筒抜けのようです

階段を上りきったら、確かに北ゲートのすぐ横でしたが、
生憎アウェイ側はバス停から一番遠い南ゲートからの入場。
07アウェイ側へ移動
我々は、まだ階段を上らねばならんようです。

ドーム東側。まだまだ登る。
アウェイ側は遠い。
08まだ登る
先程から警備員の増援部隊が我々をマークしている。

東側には、天然芝養成所がありました。
09天然芝跡地
ここでサッカー用の天然芝を育てて、
試合日になるとドーム内へ芝生を搬入する仕組みです。
今日はサッカーの試合日なので、天然芝はドーム内にあります。
というか、ここでサッカーをやってもJ2なら間に合うんじゃないのかね?(笑)

南側に来ると、花が沢山咲いていたので思わず撮影。
10花とドーム
近くでは警備員が相変わらずこちらをマークしている。

ここがアウェイ側入場口。
殺風景なので、緑色の旗で入場口を飾ってみる。
12アウェイ入口
ここまで来る間、警備員が無線でやりとりしながら付きまとっていた。

開場までの時間、一番高い所で旗を振り回す筆者。
11高いところで
警備員は苦笑していた。



12時入場。


手荷物検査で、
「この水筒はナンダ?」
ここでもかよ。(苦笑)

札幌ドームは規制が厳しく、水筒持ち込みもダメ。
正確には、
“水筒に飲み物を入れた状態での入場が不可”
というだけで、入場後は水筒に飲み物を入れてもOKなんです。
何が言いたいかというと…、
ご想像にお任せします。


入場してからスタンドへの移動中も警備員が我々を常にマークしている。
しかも先程よりも警備員が増えている。

さて、ドーム内はこんな感じです。
13メインスタンド
撮影している場所(つまりアウェイエリア)は、野球開催のときはライトスタンドになります。
スタンドは可動式で、メインスタンド側がネット裏になり、メインスタンド前部が一塁側へ移動。
バックスタンド側はバックスクリーンで、バックスタンド前部は三塁側へ移動。
サッカー用天然芝は、バックスタンドが両側に開いて、そこから外へ出します。
そして、野球用人工芝を敷く。
なかなか面白い仕組みのドームですね。

ドームの説明はこのくらいにして…

アウェイ側の横断幕を張るスペースは極端に少ない!
14ダンマク張り中
写真奥の緑系横断幕を張っているところから、写真手前の撮影している所までしか掲出スペースが無い。
横長の横断幕は仕方が無く、縦に張ることに。

横断幕を張るスペースはこの通りゲンミツに決められておりました。

16境界線
長居スタジアムでも、このような境界線を見ましたが、札幌ドームの方がよりゲンミツです。
境界線からチョットでもはみ出そうものなら、警備員がすっ飛んできて、
「ダメです。」
たった1cmはみ出ただけでも、
「ダメです。」
手すりへの貼り付けも、
「ダメです。」
座席への固定、
「ダメです。」
地面に置く、
「ダメです。」
屋根、
「もっとダメです。」

「ダメ、ダメ、ダメ、ダメ…、このダメ人間がァ!」
と、心の中で思いながらも、
「ハイ!」
と、返事をして警備員の指示に笑顔で素直に従いました。


スタンド上段から撮影。
17上段から
スタンドの傾斜がキツイ。
上がり下がりで息が切れる。
長居スタジアムのときよりもエラい。

岐阜側応援席がこんな感じ。
本当にアウェイエリアは少ない。
18岐阜側
この撮影場所へは、緑系の装備を解除して潜入していきました。(笑)
でも、アウェイエリアのチケットではここまでが精一杯。
これ以上、一歩でも前に出ると、警備員が…(以下略)


さあ、選手が登場しましたよ。
19試合前
旗を振って出迎えようぜ。

…と、その最中!(←モナカじゃ無いよ)

マイフラッグのパイプが折れました。
18mm径の塩ビ管が見事にポキッと。
20真っ二つ
曲がるのでも無く、何の前兆も無く、いきなり折れました。
しかも、この試合でおろしたての新品のパイプです。

テリーマンの靴紐占い(笑)みたいに悪いことが起こらなければ良いのですが…


そんな事もあってか…

3-0で岐阜の完敗。


こんな日はサッサと帰ろう。
あ、でも、帰りの飛行機は明日だっけ。
取り敢えず、宿へ移動。

宿へは、地下鉄移動。
地下鉄福住駅へは遠い。
アウェイ側出口からだともっと遠い。
出口を出たところから、またしても警備員が、
「岐阜サポーター17名がそちらへ向かっております。」
と無線でやりとりを始めました。
地下鉄福住駅までの道中、常に警備員にマークされ続けます。

そんなにマークしなくても、悪い事なんてしませんって。

後から聞いた話では、警備員は我々をマークしていたのでは無く、
我々をコンサドーレサポーターから護ってくれていたのでした。
つまり、警備員さんは岐阜サポーターの護衛だったわけですね。
ありがとうございました。
おかげで何事も無く、移動が出来ました。

地下鉄は豊水すすきの駅で降ります。
少し歩いて宿に到着。

もう、疲れました。
21相撲を見ながら
このまま寝てしまいたいくらいでしたが、
岐阜サポーターが40人くらい集結しての大宴会に誘われたので、宴会場へ移動。


適当に食べて、適当にウーロン茶を飲む。(酒は呑まないんです)
大宴会終了後、元気は者は、2次会、3次会へと向かい、
また、ある者は、すすき●の奥深くへ消え…。
私とBF氏は、疲れていたので、サッサと宿へ戻りました。


22時消灯、6時起床。
修学旅行生よりも健康的な宿泊です。


8時には宿をチェックアウトして、バス停へ移動。
バス停へは、すす●●のド真ん中を通っていきます。
22バス停へ

バス停到着。
23バス停到着
8時24分発の新千歳空港行きへ乗り込む。


新千歳空港到着後、鉄火丼を食べる。
25鉄火丼
思ったよりも美味しくない…
北海道グルメは大したことないな(爆)


検問で行きと同じような尋問を受けて、昼過ぎにセントレアへ到着。

あまりにも北海道グルメが口に合わなかった(爆)ので、
岐阜へ戻ってからは、食べ慣れた店で口直し。
それは、餃子の王将千手堂店!
26千手堂



と、いうわけで、観光は一切無し(というか私は観光が嫌い)の初北海道でした!



次の遠征は、平日の横浜戦です。
第15節は札幌ドームでコンサドーレ札幌戦です。

札幌は北海道。
北海道は、まだ行ったことがありません。
北海道のイメージは、面白い地名が沢山あるということですかね。
スコトン岬、パンケ沼、ペンケ沼、ポロトコタン、ピッシリ山、ウペペサンケ山…などなど。
あとは良く分かりません。(笑)

北海道に詳しい岐阜サポーターの方の情報によると、
「松尾ジンギスカン」という店が有名らしいです。
私が食肉にされてしまいそうな店ですね。(爆)

それから、北海道には「岐阜」という地名があるそうです。
オホーツク海側にあるようなので、ヒマな方は訪れてはいかがでしょうか?



さて、遠征の交通手段は航空機。
私の苦手な航空機。
でも、苦手なモノは克服しなあかんッということで、覚悟を決めて空路で遠征です。

空路での遠征の問題は、
「2メートル物の旗類をどうやって持って行くか?」
です。

去年は、全長150cmの旗だったので、スキーケースに入れて空港で預けたのですが、
今年は2メートルの旗が遠征仲間もの含めて大量にあります。
スキーケースはカービングスキー用なので190cmまでしか入りません。
だからと言って、昔ながらの2メートル超えノーマルスキーのケースは売っていません。
旗を裸で空港に預けられるとは思えません。
でも、何とかしてケースに入れて空港で預けられるようにしなくてはいけません。

じゃあ、どうするのか?

無いものは作る。それが岐阜クオリティ(笑)

というわけでケースを自作しました。
32完成
2メートル物が余裕で入る設計です。
ゲーフラも小旗もLフラッグもすべて一纏めにできます。

さらに、このように装着してある圧縮ベルトを使って、コンパクトに纏められます。
33旗入れ状態
この写真の状態で、Lフラッグ2本、ゲーフラ6本、小旗15本(小旗ケースに入り)が入っております。

そのうえ、背負えます。
34背負い
この通り、移動の事も考えて設計してあるんですよ。


さあ、これで準備は整いました。

あとは、現地で勝ち点3を獲ってくるだけですね。
J2第14節、西川優大選手のハットトリックを見ましたか?

素晴らしいゴールを魅せてくれたことに敬意を表して、
西川優大選手応援ゲーフラを作りました。

030西川ゲーフラ


作り方ですが…
菅和範ゲーフラ(http://factorymatsuo.blog74.fc2.com/blog-entry-131.html)と同じ作り方なので省略ッ!

本当にアテにならない製作講座でした。(笑)
4-0でFC岐阜の勝ち。
ホーム2勝目。

岐阜の恐ろしい姿を会場に居た全員に見せつけてやった試合でした。
大阪遠征集合場所へ行くと、譲渡したゲーフラを掲げている御方が…
01B
気が早すぎます。(笑)
周りの人も苦笑するしかない。

上記写真は御本人様より顔出し許可をいただいております。というか掲載してくれと言われました(爆)


そんな衝撃的場面から、今回の大阪遠征はスタートです。


大型連休、大都市、高速道路最大1000円という悪条件が重なりましたが、車での移動です。
大渋滞が予想されるので、対策として(?)お菓子を大量に持っていきます。
02おやつ
運転席横に置かれた大量のお菓子は全て遠征仲間からの差し入れです。
ありがとうございました!


これだけの渋滞対策をしたにもかかわらず、意外にも渋滞は無く、約3時間で大阪に到着。

あまりにも早く着きすぎたので、難波周辺を散歩することにしました。
03大阪の街
「観光」では無く、「散歩」です。(笑)

すると、怪しげな雑居ビルの隙間に怪しげなお好み焼き屋を発見。
04三平
腹が減っているので、ここらで腹ごしらえ。

06お好み焼き
ここのお店では、客がお好み焼きを焼くのではなく、ちゃんと職人が焼いてくれます。
ズボラな私にとっては有り難い!
05返し職人
見よ!この返し捌きッ!
さすが職人ですね。

遠征仲間が「モダン焼き」「チーズ・餅」「エビ・イカ」「牛すじキムチ」などの豪華トッピングを注文する中、
私はシンプルにブタ肉のみで勝負。マヨネーズも無し。
純粋にお好み焼き本来の味を堪能。
…なんてエラソーな事を言っていますが、ただ貧乏性なだけです。(笑)
07定食
でも、やっぱり御飯は欠かせない御飯党の筆者。
お好み焼きはおかずです。


まだ時間が余っているので、道頓堀川へ移動。
08改源
これが有名な「改源の看板」ですね。
って、もっと有名なのが左隣りに有るケド…(笑)

「散歩」はそろそろお終いにして、目的地の長居公園へ移動します。
09長居公園
緑豊かな長居公園。
小雨が降る中、しばらく緑の小径(?)を歩いていくと、長居スタジアムが表れます。
10スタジアム到着
写真右に写っている高い建物が長居スタジアム。
圧倒されます。

スタジアム入口付近は、雨に濡れない構造になっているにもかかわらず、
アウェイ側の入場待機列は、わざわざ雨ざらしの所に設置されていました。
11強制待機

開門時間が近づくと、係員が入場口へ案内してくれます。
12強制連行

その案内された先は…

なんと、セレッソ大阪ファンと同じ入場口。
13同列入場
まさかの、同時同所入場。
こんな事は初めてです。


スタジアム内は、このように兎に角デカイ。
14スタジアム内
この写真を撮るために、ここまで登ってくるだけで息が切れる。(笑)

横断幕の掲出エリアは、ゲンミツに決められておりました。
15境界線
ここまで立派な案内板は初めて見ます。

岐阜側応援席はこんな感じ。
16岐阜側応援席

前節無失点に抑えた守備陣をまとめるのは川島眞也選手。
17川島
今日も頼むぞ!

譲渡したゲーフラが掲げられています。
18円空とBさん
まさにその通りですね。


キックオフ1時間前ミーティングが終わり、
気分を高めて応援席へ行く岐阜サポーター達。
19ミーティング後
今日こそ勝とう!



試合は、1-0で岐阜の負け。
GKが1失点で抑えてくれましたが、得点力不足は深刻です。

帰路は、少し渋滞に巻き込まれて、岐阜到着は深夜2時30分頃でした。
アウェイナイターは辛いね。
しかも負けたからさらに辛い。


次の遠征は、恐怖の札幌遠征です。
前回作った自分用Lフラッグは“黒色の星”を描いてしまったので、縁起が悪い。
とにかく、前作の旗を振った試合では白星を得られなかったばかりか、
黒星ばかりを量産するはめに…


というわけで!
前作の旗は封印。

急ピッチで作った新手のLフラッグを登場させます。
la12フラッグ

白色の布に黒と緑のカラーファンを塗装して作りました。

大阪遠征から、この旗が登場します。
まち針

吾が屋敷のまち針たち。
曲がったり折れ癖がついたり持つところが割れたりでボロボロ。
小学校で配給された裁縫セットの物を使い続けていますからね。

まだまだ現役で頑張ってもらいましょう。



話は変わりますが、
明日のヴェルディ戦へは行けないので、次の参戦は大阪遠征です。