なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
岐阜から一番近いJ2リーグ遠征先は富山。(たぶん)
近いから移動が楽です。
片道約200kmが近いと感じるのは少々オカシイかな?

東海北陸自動車道を通り、あっという間に富山県総合運動公園に到着。
01到着
会場の陸上競技場へ移動。

02アウェイ側へ
アウェイ側入口へは少し回り込まなきゃあかんのです。

ここがアウェイ側入場口です。
03入口
すぐ横には、くつろいでくれと言わんばかりの芝生があるので…

大いに寝そべって開門を待ちます。
04芝生

そんな考えの方が増殖しました。(笑)
05増殖

こちらの御方に至っては、マンガを読み始めました。
07GTO
いくらなんでもくつろぎすぎですって。(笑)


開門時間なので入場です。
08入場
芝生の方を見ると…

まだくつろいでいる方が。
09芝生2
置いていきますよ~。(笑)


岐阜側応援席は、こうなっております。
10岐阜応援席
縦に渡してある布は、上段イス席からナダレるときに滑り降りるため?(←違うッ!)

声の反響を考え、我々は上段イス席に陣取ります。
11上向き写真
それにしても良い天気。前節の雨がウソのようです。


メインスタンドの方へ偵察に行くと、カターレ富山のマスコット「ライカくん」に遭遇。
12ライカ
ライチョウとカモシカのキメラ(?)だそうです。
とりあえず威嚇してみると、ライカくんも威嚇してきました。
さらにヤツはカメハメ波っぽいものを撃ってきたので、たまらず退散するはめに。(笑)
このキメラ、強えー!


そんな風に前哨戦を繰り広げていたら、FC岐阜の選手を乗せたバスが到着しました。
13選手バス
お遊び気分はお終いにして、そろそろ戦闘態勢にならなきゃですね。

FC岐阜の選手が場内に入ってきたので、イェールを送るサポーター達。
14選手到着
熱い人は、より近いところまで行って声援を送っております。


キックオフ1時間前に行われるサポーターミーティング。
15ミーティング
応援練習などをして、気分を高めていきます。

ミーティング終了後は、いつでも応援できる状態に。
16闘い前

熱い眼差しで選手が出てくるのを待つ2人。
17二人
良い顔つきです。(お見せできないのが残念。)

選手達がウォーミングアップをしに登場。
18選手登場
手拍子打ち鳴らし旗振り回して声援を送る。

スターティングメンバー発表。
19スタメン
メンバーが固定できず、監督も試行錯誤しておられるようです。


13時00分、キックオフ。
20キックオフ


試合序盤は良い感じで攻めますが、富山の厚い守りに阻まれ…
カウンターを喰らわされて、3失点。

1点でも返そうと奮起するも、守りを崩すことが出来ず、
3-0で岐阜の負け。

浮上のきっかけにしたかった試合でしたが、まさかの大敗。
なかなか勝てないでいます。

イヤ~な気分で帰路へ…


東海北陸自動車道で予想される渋滞を避けるため、
北陸道→米原→名神高速で岐阜へ帰りました。
それでも近いなっていう感覚ですから、やはりオカシイかな?


次節5月2日のホーム戦には、事情により行けませんが、勝ってくれることを期待します。
あつまわん
雨に濡れた横断幕を天日干し。
すごい強風もあって、たった1時間で乾く。
今季初の雨天試合。
ボールが止まったり、すべったりと予想外の動きをするので、ハラハラさせてくれました。
結局、FC岐阜は0-1で負けてしまいましたが、
この悪条件のなかで、よく1失点で抑えられたと思います。

どんな天気であっても必死で闘う選手はスゴイですね。



私事ですが…
雨天の中で応援したあとは、旗やら何やら干すのが大変。
屋敷の中にロープを張り巡らせて、そこに大量の旗を干す。
部屋干し
まるで暖簾のようです。(笑)
第9節の平塚遠征は都合により行けなかったので、
岐阜県県民文化ホール未来会館内にある『cafe’FC岐阜』に行きました。

ここのカフェでは、FC岐阜のアウェイ試合があるときは、
営業時間を変更してまでスカパー!を見せてくれるのですよ。
昨季途中からこのような応援イベントを行っており、
アウェイに行けず、スカパー!にも加入していないファンの間では、有名なカフェです。

カフェ

試合放映中、店内は大混雑するので、「立ち席はイヤッ」という方は、
キックオフ30分くらい前から来店すると良いでしょう。

試合日には限定メニューの『FC GIFU 勝つセット』が入手可能です。
勝つセット
ドリンク、ハムサンド、タマゴサンド、カツサンド、フルーツサンドがセットで600円。
数に限りがあるので、やはり早めに来るのが良いですね。


平塚に行けなかった岐阜の仲間がここに集い、スカパー!を観ながら、勝利を願う。
これはこれで良いもんですね。

岐阜が得点すれば、みんなで大喜び。
失点すれば、みんなで悲しむ。
スカパー!の解説者がおかしなことを言えば、みんなでツッこむ。(笑)

たまにはコーヒー飲みながらマッタリ観戦するのも良いね!




ただ、顔見知りからは
「アレ?何で岐阜に居るの?」
って、ツッこまれるけど。(爆)
FC岐阜はホームで迎えた仙台戦、0-2で負けました。

前ホーム戦は日曜晴天という最高の条件なのに
2000人を上回るくらいしか入っていませんでした。

そして今節の観客数は1800人くらいでした。
主催有料試合初となる2000人以下の観客数。

チームの成績と共に、いよいよ客入りも悪くなってきました。

ここから見事に這い上がってみせよ。
それをこの眼で観たいのです。
4月11日の水戸戦試合前、松尾製作所作の以下ゲーフラ2本が
B FANTASISTAさんへの完全移籍が決まりました。

021勝つため

023勝つためにここに居る

「勝つためにここに来た」ゲーフラは、その御方専用ゲーフラ状態だったので、
思い切って送り出してやることにしました。

「勝つためにここに居る」ゲーフラに至っては、
作ったけどボツになって一度も掲げられていないのです。
そんなゲーフラを、光の当たるところで掲げてやろうというB FANTASISTAさんの熱意を受け、
譲渡することにしました。

どちらも想いが詰まったゲーフラですが、
より想い入れが強い御方の元で使われたほうが良いでしょう。




なお、それらのゲーフラがどんな使われ方をされようとも
「わしゃ知らん存ぜぬ」
という態度を取ります(爆)
過去2戦2勝と、FC岐阜にとって相性の良い笠松運動公園陸上競技場。
そんな水戸遠征は今季は4月11日の1回のみ。
その様子を報告いたします。


遠征の集合場所へ松尾車を登場させると、
早速、「席取りデスマッチ」が始まりました。(笑)
01席取りデスマッチ
松尾車では一番乗り心地が良いと評判の、RSBポジション争奪戦は名物になりつつあります。

松尾車RSBのポジションを奪われた、いつもの人はLMFの席に陣取りました。
02左サイド不適合
しかしこの御方、眠ると右に傾くクセがあるらしく、CMFの人は迷惑そうです。
この御方は左サイドの適性が無いようです。(笑)


茨城に着いたら、恒例のマックスコーヒー一気飲み。
03マックスコーヒー一気飲み
今年からマックスコーヒーは全国販売されるようになりましたが、
発祥の地で売られているマックスコーヒーは甘いッ!(と感じるのは気のせい?)


通算3回目の笠松競技場到着。
04笠松到着
奥ではチアリーダーが練習しています。
って、そんな話はどうでもいいか。

アウェイ側入口に到着。
05アウェー入口
今季より、アウェイ応援席への入口が変わりました。
バックスタンド側ではなく、ゴール裏からの入場です。

さらに!
アウェイサポーターはバックスタンドへは行けないように規制が厳しくなりました。
06隔離の壁
この通り厳重に隔離されております。

と、いうことは、名物の酒池肉林笠松グルメエリアには行けないわけで…

このような貧相なものしか購入できません。
07笠松グルメ
昨季の遠征報告と見比べてみれば、違いは歴然です。


まあ、我々はグルメが目当てじゃないんです。
08競技場内風景
この競技場で勝ち点“3”を取ることが目当てなんです。

ということで、勝利のための1時間前ミーティング。
09ミーティング
手拍子打ち鳴らせ!
旗振り回せ!
09ミーティング終了
さあ、ミーティングが終わって…

応援席へGO!
10応援席へ行進

岐阜側応援席はこんな感じ。
11岐阜応援席全景

もういつでも応援できます状態。
12応援態勢

選手が登場。
13選手登場
この試合はメンバーを大きく入れ替えて戦います。
初出場の選手もいますから頑張ってもらいましょう。


試合は…

開始早々岐阜が先制!

したまでは良かったが、その後立て続けに3失点。

1-3で前半を終えて嫌なムードになりました。

だが、後半も終わりかけに2連続でゴールを決めて同点に追いつく!
殆ど死に体であった状態から見事な同点劇!
選手もファンも監督(この人が一番喜んでいた)も大喜び。

勝っていないけど、最後の追い上げに感極まってナダレるサポーター!
14ナダレ発祥の地
「ナダレ発祥の地」と言われるこの競技場では絶対にナダレが発生します。

見事なゴールを決めた朴俊慶選手が挨拶に。
15朴俊慶
「次は勝ちます。」
という言葉にシビれるゥ!

ナダレエリアは、まるで勝ったかのように大騒ぎ。
16ナダレ最前列

ですが、勝っていないのです。
引き分けなのです。
そのことを深く感じ取りながら笠松競技場を後にします。
17笠松出発





【オマケ】

帰り道、友部SAに立ち寄り、「ハム焼き行列」を発生させます。
18ハム焼き行列
最早、「ハム焼き行列」は岐阜サポーターお馴染み(?)の光景です。
他の人達もナンダナンダ?とつられて行列に並びます。

これがウワサの「ハム焼き」。
19ハム焼き
同じ値段で売っている某競技場のナントカ串焼きよりもボリュームがあって美味い。(爆)
L☆旗

自分用のLフラッグを新しく作りました。
今まで、緑×黒と、緑×白のフラッグを使い分けて振っておりましたが、
気分転換に第3のLフラッグを作ってみました。

旗棒は18mm×2000mmの塩ビ丸パイプ。
旗サイズは1200mm×1250mmくらい。

デザインは、緑と白のツートンカラーをベースに、星を2つ配置。

星には、希望・期待・可能性・成功などの意味を持たせてあります。
緑色と黒色の2つの星には、これまた色々意味がありますが、文章で説明するのが難しいです。(笑)
気になる方は、現地で会ったときに聞いてくださいませ。

とりあえず、黒色の星は“敗戦”を表す『黒星』では無いことは確かです。(笑)


この旗は、次節アウェー水戸戦で登場します。
長良川競技場では、キックオフ3時間30分前から40分間、
横断幕や旗などをスタジアム内に事前搬入できる時間帯があります。
この日は12時30分~13時10分が事前搬入時間。

その時間に間に合わせるため、12時00分頃、メモリアルセンター付近に到着。
だがしかし、サンサンデッキ下も西側臨時も東側300円駐車場も満員御礼状態。
駐車場空き待ちの車が行列を作っている。

これはコマッタな。

ということで、メモリアル北側にある民間のボッタクリ駐車場に駐めさせてもらうことにしました。
そこの駐車料金は1日1000円だそうです。
普段は東側300円の駐車場に駐めているので、
この値段を聞いたとき一瞬怯みましたが、良く考えると安いもんです。
サンサンデッキ下駐車場に7時間ほど駐めると1100円になるので、
民間駐車場の方が安いことになります。

「ボッタクリ駐車場」と書いてしまってスミマセン。
メモリアルセンター正規駐車場の方がボッタクリでした(笑)

しかも、民間駐車場のオッチャンはワザワザ出てきて
「どうぞ気をつけてお帰り下さい!」
と挨拶までしてくれました。

今度、東側300円駐車場が満員なら、そのオッチャンの所に駐めさせていただきます。

いや、バスで行けば良いんだ(笑)


ちなみに、一般開門の14時頃には、どの駐車場もガラガラに空いていたそうです。



肝心の試合は、0-2でFC岐阜は負けました。