なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG
FC岐阜応援アイテムを自作しよう!
というわけで、今回はゲートフラッグ(ゲーフラ)の製作講座

「ゲーフラって何のことか良く分かんない…」って方は、
こちらの『J’s GOAL』を御覧になられると良く分かると思います。
しかも、正攻法での作り方まで載っているという至れり尽くせり。

私の作り方は、かなりイレギュラーな作り方なので、アテにならないかもしれません(笑)
でも、一応参考程度にはなるかと思い、
ゲーフラの製作過程を載せてみました。



さて、
今回は、布を切って縫って、両端に棒を通せる状態にしたものを作ります。
丁度この写真のように。
ゲーフラブランク



必要なモノの説明。


 綿素材が良いでしょう。白色なら安物でも構いません。
 ただし、安物の濃色布は色落ちする可能性があるので、色落ちしないものを選んでください。
 カラーシーチングやチノクロス等であれば、塗料のにじみが少なく安心して使えます。
 サテン地は塗装が難しいのでゲートフラッグにはオススメできません。

裁ちバサミ
 布を切るハサミ。
 布が切れさえすれば、ハサミ以外の切断工具でもOK(笑)

ミシン
 ポール袋を縫ったり、外周の末端処理をするときに使用。
 もしミシンが無ければ手縫いでもOKさ!


 普通の綿ミシン糸。マトモなら何でも良い。
 布と同色が基本だけど、あえて布と違う色を使うのも面白いかも?

まち針
 布を縫うとき、これがなきゃ布を固定できない。

アイロン
 シワを伸ばしたり、縫う前に折り目をつけたりと、重宝する。
 無くても何とかなったりする。(笑)


 完成したゲートフラッグに通す棒。
 園芸棒、ツッパリ棒、水道管など、持ちやすいものなら何でもOK。
 私は外径22mmの塩ビ製パイプを使用しています。

あと、あると便利なモノ
巻き尺(寸法を測るため)
ペン(切る位置を明確にするため)

裁縫セット



第一工程:布を切る

お好みの寸法のところで真っ直ぐ切ります。
切るべきところを測り、ペンか何かで印をつけておけば分かりやすい。
描く図案と寸法が決まっているのなら、
棒を通す袋の寸法も考えて裁断しなくてはならないため注意が必要です。
また、長期使用を考えるなら、上下左右とも補強のため端を折り返して縫っておいた方が良いので、
それも考慮しておきます。
よって、描く図案の寸法よりも、左右100~200mm、上下30~60mm大きめにとらないといけません。
今回は縦1120mm×横1000mmで切りました。


第二工程:ミシンで端を縫う

布の端を折り返してミシンで縫います。
補強用の折り返しを縫う場合、ゲーフラの下→左右→上の順で縫うと良いでしょう。
下の画像の、1→2の順に折り返しを2回したら、アイロンを当てて、折りグセをつけておきます。
01折り順
02折り
折ったところにまち針を数本刺して固定。
まち針

固定できたら、ミシンでまち針ごと縫う。
ミシン縫い

縫い終わったところからまち針を外します。

同じように、今度は左右の端を縫います。
写真の如く、棒が入るように大きめに縫わないといけませんよ。
棒袋

左右の棒袋を縫ったら、最後に上側の補強。
下側と同じ方法で、折り返して縫います。
こうしておけば棒が突き抜けなくなります。


これで、両端に棒を通せる状態にしたものは完成。
完成

今回できたもののサイズは、縦1080mm×横860mmになりました。


ここに想いを伝えるメッセージや、カッコイイ絵などを画いていくのだ。




ちなみに…

もし、ミシンが無ければ、
針と糸で手縫いですね。
普通に波縫いをして、末端だけ何度か返し縫いをしておけば大丈夫!

針と糸も無ければ、
ガムテープ作戦!
ガムテープ袋
棒が入るように布を折って、ガムテープでベベタァ!っと貼れば完成!
でも長期使用には耐えられないので、ガムテープ作戦は短期使用ゲーフラ向きだね。
ガムテープとホチキスを併用すれば、耐久性は上昇するかも?



最後に一言…

ゲーフラの作り方にセオリーなんて無い!

自分で好きなように作るのがゲーフラ作りの醍醐味なのさ。


みなさんも、自分なりの作り方で応援アイテムを作ってみよう!
J1とJ2の入れ替え戦が終了。
JFLからJ2に参入するクラブも決定。

これで来季J2に所属するチームが決まりました。
確認してみましょう。

コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
栃木SC
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
横浜FC
湘南ベルマーレ
ヴァンフォーレ甲府
カターレ富山
FC岐阜
セレッソ大阪
ファジアーノ岡山
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
ロアッソ熊本


以上、18チーム。

北は北海道。南は熊本。
そして、東北、関東、北陸、関西、四国…
日本各地に散らばっていますね。
こりゃあ、遠征が大変…いやいや、楽しみだ!

あと、問題なのは、何試合行うのか?である。
もし、2試合総当たり戦なら全34試合。
3試合総当たり戦なら全51試合。
おいおい、51試合になったら、平日開催が増えるぞ。

来季に関してアレコレ考えるのは楽しいね。


来季用の新手のゲーフラも準備中ゥ!

弊ウェブログでも、冬季集中ゲーフラ講座を開く予定があるので、お楽しみに!
FC岐阜の2008年J2最終戦は、ホーム長良川競技場で行われました。

この試合でチームを卒業(?)する選手も多数出場。
試合開始前には選手達への想いを込めたゲーフラが集結。
02選手入場


試合は、FC岐阜を去る選手がサガン鳥栖を圧倒。
最後は片桐選手が決めた1点を守りきって1-0の完封勝利。

試合後はセレモニーが行われて、選手達が挨拶に来る。
03選手

05選手

去ってゆく選手達へのメッセージを書いたゲーフラがサポーターから手渡される。
04サポーター

06選手とサポーター

2008年を闘った選手達、ありがとう。

もうこの仲間で試合をすることは無いけど、
残った選手や新加入の選手達が、その意志を継いで
FC岐阜は『成長』を続けるんだ!



【オマケ】
勝利後は恒例のアイスキャンデーで乾杯。
09ガリガリパーティー
真冬でもこれはやめられない。
今季最後の遠征は、平塚競技場で湘南ベルマーレ戦。
今のメンバーで闘う最後のアウェイ。
その報告でございます。


11月30日の早朝、岐阜を出発。
松尾車と謎の10人乗り車(?)の2台で出撃。

この日は快晴。
東名高速を東進しておりますと、富士山が見えてきました。
01移動中
これだけ富士山がハッキリキレイに拝めたのは初めてです。
雲一つ無い日本晴れのおかげですね。

途中のパーキングエリアでも、富士山が拝めました。
05富士山
ホント、綺麗な景色ですね。

にもかかわらず!

車内では…

02DS1
ゲームに夢中な人が…

03DS2
ここにも…

04DS3
ここにも!

みなさん、富士山には目もくれず、NDSに熱中しすぎ(笑)

この人に至っては…
04車内
爆睡!
(これはいつもの光景)

さ、戯けた報告はここまでにして…

平塚が近づいてきました。
06平塚
インターを降り、国道を南下すれば平塚。

平塚競技場近くのカオスな駐車場(笑)に駐車して、競技場に移動。
07駐車場
ちなみに、奥に見えるのは平塚競技場では無く、野球場。
競技場はそこの奥にあるのです。

アウェイ側入場口に到着。
08入口到着
警備員さん達が怪しい緑の集団を警戒し続けています。(笑)

開場までの時間を利用して、最終戦用の横断幕作りが行われました。
平塚に訪れた岐阜サポーターの方々が一筆ずつ交代で画いていきます。
09横断幕製作
この横断幕の全貌は、ホームでの最終戦で明らかに!

さあ、開場。
10開門

場内はこんな感じ。
12平塚競技場2
11平塚競技場1
バックスタンドからは富士山が見えます。
(写真には写っていないけど…)

ベルマーレのマスコットが挑発…いやいや、挨拶に来ました。
13マスコット
かなり気が早いサンタコスチュームで登場。
FC岐阜へのプレゼントは“勝ち点3”を贈ってくれるそうです(笑)


もうすぐ試合開始。

14相川ゲーフラ
今節は出場予定ではないけど、相川選手への想いを伝えるサポーター。
あと2試合、そして来季も岐阜で活躍してもらいましょう!


さあ、ラストアウェイの試合開始!

初スタメンの橋内選手が攻守に奮闘。
深津選手がオーバーラップから激しいヘディングを試みる。
しかし、後が続かず結局無得点。

そんなことをしているうちに、気が付けば3失点。
3-0でFC岐阜は負け。

これで今季アウェー試合も負け越しが決定してしまいました。

次は、ホームで最終戦を迎えます。
せめて最後は勝って終わらせましょう!



【オマケ】
帰りの某サービスエリアで、目が勝つ…じゃなかった、『メガカツカレー』を発見。
15メガカツカレー
多くの岐阜サポーターが「縁起物だ!」ということで平らげていきました。