なんとなくFC岐阜応援系WEBLOG

2017 明治安田生命J2リーグ 第10節

FC岐阜 vs ツエーゲン金沢

4月29日(土) 18:00 キックオフ

岐阜メモリアルセンター長良川競技場




2017年 新応援曲掲載!
FC岐阜の応援曲(チャント)を歌って、アツく応援しましょう!
FC岐阜 応援曲(チャント)紹介ページ
(最終更新 2017.04.24)


過去に歌われていたFC岐阜の応援曲(チャント)紹介ページはコチラ (最終更新 2017.01.22)


旗を作って振って応援を盛り上げよう!
アテにならないフラッグ製作講座
(最終更新 2012.05.15)


ゲートフラッグを作って掲げて応援を盛り上げよう!
アテにならないゲートフラッグ製作講座
(最終更新 2010.05.06)


遠征の楽しさを伝達する『アテにならない遠征報告』はここからでも閲覧できます。
遠征報告と言ったにもかかわらず、試合内容は殆ど書かれていない奇妙なレポート。(笑)
(最終更新 2017.04.02)


当ウェブログはリンクフリーです。
リンクしていただける方は、下記バナーを御利用くださいませ。
(遊)松尾製作所岐阜本店非公式バナー
この非公式バナーは、GREEN RIOTCozy☆様が勝手に作りました。(笑)


2013年3月1日より Twitter も始めました。


4月15日の湘南戦、4月23日の讃岐戦、
私はどちらも行くことができませんでした。

FC岐阜の試合結果は、
湘南戦が、3-3で勝ち点1を獲得。
讃岐戦が、1-3で勝ち点3を獲得。
アウェイ2連戦で勝ち点4。良いですね!

この調子で次節のホーム長良川での試合も勝ちを掴み取りましょう。

4月8日(土)、ホーム長良川で迎える水戸戦。

FC岐阜は、2-1で勝利しました。
今季ホーム初勝利!2連勝!やったね!

この勝利で、FC岐阜はJ2リーグ通算100勝となりました。
クラブ消滅の危機などの苦労が続いていた時期を思うと、
100勝もするなんて、本当に感慨深いものがあります。
未来永劫FC岐阜は、岐阜県の誇りであり続けていってほしいですね。

次節は、アウェイ湘南戦。
3連勝しちゃいましょう。
4月1日(土)町田遠征報告です。

遠征前日は、20時頃に就寝。
当日は朝2時に起床。

遠征仲間が集結する場所へ行く道中、街かど屋で朝食。
01街かど屋
勝つためにカツ丼をいただきます。

遠征仲間と共に松尾車に乗り込んで、4時前には岐阜県某所を出発。

岐阜各務原ICから新東名高速道路を経て、横浜町田ICで降ります。
そこからは一般道で町田市の野津田公園を目指します。
東京都町田市ですが、神奈川県側からアプローチするのが便利な立地です。
そのせいか、町田市は東京都を離脱して神奈川県になるとうエイプリルフールネタが出たくらいです。(笑)


朝9時過ぎ、試合会場の町田市立陸上競技場のある野津田公園の西駐車場に到着。
2012年にここを訪れた時は、一般来場者駐車場が無く不便でしたが、
その後、駐車場が整備されたようで、今回は駐める事ができました。有り難いです。

アウェイ側入口は、西駐車場からすぐの所。便利になりました。
02アウェイ入口

スタジアムの案内板を見ると…
03案内
ん~? 対戦カードの何かが変?(笑)

開場まで時間があるので、野津田公園内をブラリング。
雨が降っておりますが気にしません。

湿性植物園の池には、カルガモが数羽いました。
04カルガモ

ここのキジバトは人慣れしているのか、1mまで近づいても逃げません。
05キジバト

シジュウカラが多く生息しておりました。
06シジュウカラ

コゲラも多くいました。
07コゲラ

他にも撮影は出来ませんでしたが、多く種類の野鳥が見られました。さすが山奥。(笑)


散策していたら、身体が冷えてきたので、スタジアムグルメで暖を取ります。
塩豚汁。300円也。暖まります。
08塩豚汁
読み方は、「しおぶたじる」なのか、「しおとんじる」なのか、謎です。
私は前者の読み方で注文しました。

開場時刻に迫っているので、入場待機列に戻ります。

アノ御方が来訪されておりました。(笑)
09アノ御方
愛車GT-Rを走らせて単独遠征との事です。

12時00分。開場。

アウェイ側の座席からピッチを撮影。
10入場
高低差が無くてピッチが観づらいのは仕方がありませんが、
スポンサー看板が邪魔でゴールライン際の攻防が見えないのは残念です。
スポンサーの大切さは痛いほど理解できますが、
看板の設置位置をもう少し下げるなどの配慮が欲しかったですね。
これが“アウェイの洗礼”という理由なら仕方も無し。(笑)

2012年に来たときには改修工事中だったメインスタンドが立派になっていました。
11メインスタンド

FC岐阜側応援席を撮影。
12岐阜側応援席

14時キックオフ。

試合内容は、現地では良く見えなかったので、省略!(笑)
良く見えたとしても、当コーナーで試合内容を省略するのは、いつもの事。(笑)

試合結果は、0-1でFC岐阜の完封勝利ィィィ!
今季初勝利ィィィ!
今季がようやくスタートした感覚です。
あけましておめでとうございます。(笑)

「元祖イエ~イのおじさん」アノ御方も大はしゃぎ。(笑)
13アノ御方
イエ~イ!

スタジアムを後にして、近くのコンビニエンスストアで、祝杯をあげます。
14イエイ!
運転があるので、お酒ではなく、いつものように氷菓で祝杯です。
飲酒運転はダメ。ゼッタイ。


帰路は来た道を辿って岐阜へ戻ります。

帰路途中に立ち寄った足柄SAで、うなぎを食べました。
15吉野家
これからFC岐阜の戦績が「うなぎのぼり」に上がっていくよう祈願するのです。


次節は、ホーム長良川での水戸戦です。

ホームの力で連勝しましょう。
3月25日(土)東京遠征の報告です。

当日の朝5時に起床。
遠征仲間が集結する岐阜県某所へ向かいます。

その前に、恒例の松屋で朝食を食べていきます。
01チキン
チキングリル定食。
鶏肉を食べて、勝利をとりにいく。(笑)

今回の遠征は、松尾車1台で出撃です。
02松尾車
応援機材満載で、貨物室はまるでパズル。

出発後、岐阜各務原ICから高速道路に乗り、新東名、圏央道、中央道を経て、調布ICで降ります。
03調布
調布ICを降りたら、試合会場の味の素スタジアムが見えるので、そこへ向かえば良いだけです。
カーナビゲーションが無くても問題無いくらいの近さです。(笑)
(松尾車は未だにカーナビゲーションが有りません。有るのは全国地図のみ。)

2年前に味の素スタジアムを訪れた時は、車は飛田給駅付近のコインパーキングに駐めましたが、
今回は遠征仲間が事前にスタジアムの駐車券を確保してくれていたので、
快適にスタジアム北側の駐車場に駐めることができました。
04駐車場
スタジアムにもそこそこ近くて便利。
何よりも、空き駐車場を探しからかす必要が無いのが良いですね。

ビジター側の入場待機場所に到着。
05待機列
入場ゲートのすぐ横で待つ事ができるようになったようですね。
2年前に味の素スタジアムを訪れた時は、遠く離れた場所で待たされた記憶があります。(笑)


開場時刻まで時間があるので、スタジアム周辺をブラリング。

岐阜でのサクラの開花はまだですが、
東京ではサクラが咲き始めておりました。
07サクラさいて

スタジアム周辺には、意外と野鳥が多く生息しているようでした。

ムクドリ。
08ムクドリ

ヒヨドリ。
09ヒヨドリ

ヤマバト。(キジバト?)
10ヤマバト

岐阜の街中でも見かける野鳥ばかりでした。(笑)
このあたりは、岐阜も東京も同じですね。


13時30分、開場。
13ピッチ

横断幕などの応援機材を準備して、岐阜側応援席を撮影。
12岐阜側


15時00分、キックオフ。

試合は、1-0でFC岐阜の完封負けでした。

勝てない試合が続きますが、こんな事で落ち込む事はありません。
もうちょっとで、面白いように勝ち出す時期が来ると思います。
リップサービスなんかじゃあ有りませんよ。
引き続き、元気よくFC岐阜の応援をしていきましょう。


帰路は、来た道をそのまま辿って帰りました。
その帰りの圏央道で、交通事故が原因の渋滞に遭いました。
事故車両はクラッシュしておりました。恐ろしい…。
私も交通事故の無いように安全運転で遠征を続けます。
皆様も、無事故で安全運転で遠征を楽しみましょう。

次回は、町田遠征です。
3月19日(日)、ホーム長良川競技場での横浜FC戦。

FC岐阜は1-2で敗れました。

DSC00455.jpg

なかなか、勝ちに繋がるゴールが見えませんね。

試合終盤は、選手達が自信を持ってプレーできていないように感じました。
(私個人の感想です。)
プレー中の選手にとって、ミスした時に観衆の「ため息」を聞くのは堪える。と聞いた事があります。
積極的にいって結果がミスした時でも「ため息」では無く、
「良いよ!」、「ナイストライ!」、「ナイスチャレンジ!」などのような声が出てこれば、
失敗を恐れず選手達がやりたい事を自信を持ってプレーしてくれて、
良い結果が出やすくなると思います。
(あくまでも私個人の感想です。)

選手達に気持ちよくプレーしてもらえるような雰囲気をつくるため、
次節は、アウェイの味の素スタジアムに集結しましょう。
私も征きます。




ところで…

試合の事よりも、心を痛めているのが、
この試合のハーフタイムで行われる予定だった、南山大学コアラーズのパフォーマンスが、
音響トラブルにより中止になってしまった事です。
この日のパフォーマンスのために幾日も稽古を重ねてきたでしょうに、
それが披露できず本当に気の毒でなりません。